初心者にもできる!
集客キーワードの把握に役立つサーチコンソールの使い方

GeoDesign編集部

初心者向けSEO:サーチコンソールの使い方

解決するお悩み

「集客キーワードや集客実績を把握したい!」
「競合に打ち勝つ新しい集客キーワードを見つける方法を知りたい!」
「サーチコンソールって使うの難しいの?」

こんな悩みを抱えている方に役に立つ情報です。

 

このブログで伝えること

1.サーチコンソールとは
2.集客キーワードの把握
3.集客数を増やすための改善方法とは
4.新しい 集客 キーワード見つけ方

 

動画メッセージ版

ウェブ集客って難しいですよね!
インターネットを通じて集客を行うにはキーワード戦略が重要なのですが、どのキーワードで集客を行えるのかわからないと思います。

以前弊社では集客キーワードに関しては以下のような記事を展開しました。

見込み客が集まる集客キーワードの見つけ方」記事

今回の記事ではキーワード選びに役立つ4つのツールの一つである『Google Search Console(以下サーチコンソール)』について記事にしました。
ぜひ参考にしてください!

 

1.サーチコンソールとは

サーチコンソールはGoogle検索で『Google Search Consle』、もしくは『サーチコンソール』と調べればすぐに出てきます。

サーチコンソールの使用料はもちろん無料です。

上のGoogle Search Consoleをクリックすると以下のような画面になります。

使用料は無料ですがGoogleアカウントを保有してサイトのURLの登録などセッティングが必要です。
セッティングを終えて、サーチコンソールのサイトに行くとすぐに上記のような画面となります。

  

サーチコンソールで何ができるの

ホームページの運営者は案外どの『キーワード』でアクセス数を稼いでいるのか把握できていません。

あなたが一生懸命に特定のキーワードでコンテンツを作成しても、実は貢献しているのは別のキーワード。
もしくは、そのキーワードより別のキーワードでコンテンツを作成した方がアクセスにつながる可能性もあります。

サーチコンソールを使用すると、自分が狙っている集客キーワードが成果に繋がっているかが、『数値』で分かるようになります。

そして、集客数を増やすための『新しい集客キーワード』を見つけられるようになるのです。
すぐ実践できますので、最後まで読んで役立てて頂けたらと思います。

 

.集客キーワードの把握

 

集客キーワードの把握方法

では早速あなたのホームページへ集客してくれているキーワードの把握方法をお伝えします。

サーチコンソールであなたがどのキーワードではアクセス数を稼いでいるのかは『サマリー』を使用します。
サマリーはトップページ左上の項目の一番上にあります。

 

サマリーでは集客キーワードの貢献度が分かる

サマリーでは、どれくらいウェブサイト上でクリックが行われているのか、集客ができているのか大まかに確認できます。

より詳しく確認したいのであれば検索パフォーマンスの右側にある『レポートを開く』をクリックしてください。

レポートを開くと下記のような画面となります。

これは過去3か月分のデータを取り出しています。
合計クリック数合計表示回数をここでは確認できます。

このままではデータが漠然としているので『平均CTR』『平均掲載順位』もクリックして表示しておきましょう。

レポートのページの下部『クエリ』では、どのキーワードで、どれくらい表示され、どのくらいクリックされているかが数字でわかります。

例として、あるサイトの検索キーワードですが、『遠州弁』というキーワードで10,578回検索・表示されています。
CTRとはクリック率のことです。
『遠州弁』 では、4,625回クリックされた(アクセスに繋がった)ことが分かります。

 

どのキーワードがどのページと繋がっているのか

あなたのホームページの集客キーワードの存在が分かったところで、その集客キーワードがどのページに存在するのか分かりますか。

これを知りたい方はレポート下部の集客キーワードのリストの中から気になるキーワードのページをクリックしてみてください。

試しに『浜松 モーニング』でクリックを押してみました。

このようにクエリから『ページ』を選択できるようになります。
ページでは、集客キーワードの場所をURLを通じて分かります。

ちなみに、ページの右隣側に存在するデバイスを選択すると何でホームページを見ているのか分かるようになります。

今回のケースだと主にモバイル(携帯電話、スマートフォン)を通じて『浜松 モーニング』のキーワードにアクセスしに来ていることが分かります。

  

集客ページがわかったら、そのページをアクセス解析し、離脱率を確認できます。
その数値結果から集客ページの改善をしていくことで、お問合せ率を高めることができます。

 

.集客数を増やすための改善方法とは

集客ページをアクセス解析し、その結果からページ改善することは、集客数を増やす為の改善方法の一つです。
前提として、すべてのキーワードで集客が上手くいっているわけではありません。

中には改善が必要なものもあります。
改善が必要なものがあるからさらに集客が実現できるのです。

集客数を増やすにはどのように改善すればいいのでしょうか。

答えは「いかに狙ったキーワードを上位に出せるか」です。
狙い所以下のような平均掲載順位『10位前後』のキーワードです。

掲載順位を上げれば上げるほどCTRが増えて集客数を増やすことができます。
それは以下の画像を見れば明らかです。掲載順位が1位のキーワードはCTRがどれも60%を超えています。

では十位前後のキーワードの一つである『浜松 かき氷』を見てください。
表示回数は1万回を超える集客効果が高そうなキーワードなのですが、CTRが3.6%しかないために378回しかクリックされていません。

もし順位を1位まで持ち上げればCTRが60%を超える可能性があり、一気に6000クリック数を目指せるかもしれません。

1位が難しければ5位前後に上げるだけでも10%から20%くらいまでCTRを持ち上げることができます。

 

掲載順位を上げる方法とは

ここまでの説明でキーワードの掲載順位を上げれば集客数が増えることが『視覚的に』理解されたかと思います。

ではどう行動すれば掲載順位が上がるのでしょうか。

そのためには実際にGoogle検索でそのキーワードを調べてみることです。

このキーワードで掲載順位が8位となってしまったことには必ず理由があります。
掲載順位については以下の記事も参考になるでしょう。

Googleが望むSEO上位表示の極意とは!?」記事

自分のサイトにはないが、ほかのサイト(1位から7位までの)にはあるような 『足りていない情報』 もしくは『ユーザーが欲しい情報』 があるのかもしれません。

そこでほかのキーワードで競合するサイトを1つ1つ分析することで自分のサイトで足りてない情報を明らかにできます。
そして上位のサイトがどんな情報を提供しているかを調べます。

上位のサイトを分析し、自分のサイトに取り入れ、情報の質を高めることはライバルのページよりも掲載順位を上げることに繋がります。
掲載順位が上がれば集客数も自然と増えます。

 

4.新しい集客キーワードの見つけ方

ここまで読んでいただければ、集客キーワードは多ければ多いほど集客のチャンスがあることが分かるでしょう。
集客キーワードの中には実はあなたが想像もつかないようなものもあるのです。

新しいキーワードを探すにはサマリーのクエリから『表示回数』をクリックして探します。

こうすれば、集客キーワードのリストを表示回数が多い順にすることができます。

見てみると表示回数が1万を超えるものが5つも存在します。

表示回数が多いのにクリック数・CTR・掲載順位が低いページをピックアップしましょう。
後は前述したようにライバル分析→掲載順位の上昇→ CTR ・クリック数の増加 から集客数を増やせます。

 

まとめ

今回はサーチコンソールを用いて集客キーワードの把握方法から集客数を増やす方法をお伝えしました。

サーチコンソールでは以下の基本動作で現状を把握できます。

『クエリ』で狙ったキーワードが出ているか確認する
『クリック数』でソートをかけ、どのキーワードで一番集客ができているか確認する
『ページ』をクリックし、集客キーワードがどのページで見られているか確認する

売り上げに繋がらないようなページで集客していないか、『接点』がうまくできているページでしっかりと集客ができているのか、お問い合わせボタンが適切な位置にあるか、などの現状の改善点が数値から見えてきます。

これはマーケティング専門でない『経営者』でもできることです。

また、サーチコンソールを使用することで以下のような判断ができます。

「意外にこのキーワードで集客が伸びそう」
「このキーワードの掲載順位は8.9位。だからCTRが今は10%以下しかない。」
「ここ 〇〇 ヵ月はこのキーワードでコンテンツを増やし掲載順位を伸ばす」
「1,2位くらいの掲載順位なればアクセスが増えて、問い合わせも〇〇件ぐらいになるな」

予測した内容は、社内のウェブマーケティング担当者とすぐにでもシェアしましょう。
経営者的な視点から予測を立てることは、予算増減の判断に大いに役立たせることができるでしょう。

この記事を書いたひと

GeoDesign編集部

web設計を重視し、独自の戦略とwebマーケティングで集客と売上アップを実現します。
クライアントの成功事例の一部は、「web集客・売上upの成功実績」からご確認ください。

このひとが書いた記事

  • インスタ集客で
    絶対にやってはいけない3つのこと
  • JIMDOをつかってWebサイト作成
    メリット・デメリット
  • ウェブ集客に絶対必要!?定点観測の重要性とは
  • Googleアナリティクスの重要数値
    経営者が知っておくべきチェック方法