ウェブ集客に絶対必要!?定点観測の重要性とは

GeoDesign編集部

解決するお悩み

「ウェブ集客がなかなかうまくいかない!」
「改善するために便利なツールはないか?」
「アクセス解析ツールをうまく利用する方法を知りたい」

こんな悩みを抱えている方に役に立つ情報です。

    

このブログで伝えること

①定点観測がなぜ重要か
②定点観測に便利なツール『Googleアナリティクス』とは?

    

動画メッセージ版

    

『ホームページを作ったけどウェブ集客がなかなかうまくいかない!』
『とりあえずコンテンツを更新しているけどこれで大丈夫かな?』こういった相談を受けることがあります。

結論から言えば、ホームページを制作して、コンテンツを更新するだけうまくいくほどウェブ集客は楽ではありません。

この先重要なのは『定点観測』です。

今回の記事ではウェブ集客を成功させるために必要な定点観測の簡単な説明とそのやり方を記事にしました。
ぜひ参考にしてください。

     

1.定点観測がなぜ重要か?

まず定点観測とは、固定された場所から動こうとせず、物事を観察・記録することです。

ウェブマーケティングにおいては、固定された場所とは特定のページのことです。
定点観測をすることで、特定のページのアクセスの動きを観察・記録することでウェブ集客の流れを把握できます。

どのホームページのどのコンテンツが人気なのか、アクセス数の流れを把握できないでウェブ集客は成功しません。

定点観測無しでホームページを作っても集客が成功することは難しいでしょう。
ただ、定点観測自体は決して難しくはありません。
なぜならGoogleが優秀なアクセス解析ツールを公開しているからです。

    

2.定点観測に便利なツール『Googleアナリティクス』とは?

Googleが提供するツールで『Googleアナリティクス』というアクセス解析ツールがあります。
弊社Geodesignはこちらのツールを利用して数々のウェブマーケティングを成功させてきました。

こちらを利用するメリットは以下の通りです

『Googleアナリティクス』のメリット
● 無料で利用できる
● 利用条件はGmailアカウントを作ることだけ
● 設置が簡単

GoogleアナリティクスはGmailを持ってさえいれば無料で誰でも利用できます。
しかも設置が簡単なので、自分のサイトのアクセス状況を把握するまでの垣根が一気に下がります。

    

アクセス解析の基本の『キ』

Googleアナリティクスの導入までは実は難しくはありません。
そのあとはいかがでしょうか?

実は多くの方は『アクセス解析の見方』『改善方法』を分かっていません。
アクセス解析によって出てきた数値はただ眺めていてもアクセス数を伸ばすことは難しいです。

たまたま今日1日数値を眺めていてもアクセス改善へのヒントを見つけることはできないでしょう。

アクセスを改善させるヒントを見つけるには、最低でも『表に数値をまとめておく』必要があります。

最初はGoogleアナリティクスのトップページの『ユーザー』を選択して、その中にある『概要』の中身だけでも定期的に把握することから始めましょう。

ここでは下記のような基礎的な8つの数値を確認できます。

試しに毎月1週間ごとにまとめて下さい。

アクセス解析の基本は、データを表にして蓄積していくことです。
それも意識的にデータを蓄積していく過程で、上下する『データの変化』を確認できます。

    

データの変化が分かるとどんなメリットがあるか?

データの変化がわかることはウェブ集客を進める上で以下のようなメリットが考えられます。

   

 データの変化がわかることのメリット
◆アクセスが伸びた時、なぜ伸びたのか把握しやすい
→ → → 『テレビで露出した?SNSでバズった?』
◆ アクセスが減った時、なぜ減ったのかも把握できる
→ → → 『コンテンツが不適切だったか?間違ったコンテンツを上げてしまったか?』

⇒ウェブ集客における問題の解明に繋がる!

   

もしも、定点観測によりアクセスの伸びを長い間感じることができれば、チームのモチベーションにもつながります。

    

データの変化の原因の解明は難しい

データの変化を確認出来たらアクセスの増減の原因を掴むために調査が必要です。
ただ、この調査は初心者の方には難しいです。

ここはプロのウェブマーケターにお願いしたいした方がよいでしょう。
1から自分で勉強して実践するより、多少経費が掛かってもプロにお任せしたほうが安心です。
依頼の仕方にもよりますが、中には定期的な数値の変化の把握もプロならやってくれるでしょう。

大事なのはどんなやり方であれ、『変化があったという事実』だけは絶対に自分で把握しておく必要があります。
これができないと適切な判断ができません。

『あれをやったから数値が伸びたもう一度やろう』
『あのやり方は失敗だったから次は控えておこう』

この判断だけはホームページの所有者がしないといけません。

    

4.まとめ

今回の記事ではウェブ集客における定点観測の重要性について記事にしました。
ウェブ集客を行うにはただ単にコンテンツを増やすだけでは難しいです。

コンテンツを増やしたあとGoogleアナリティックスのような解析ツールを用いて、訪問者の動きを定期的に観測する必要があります。
データはExcelなどで毎月まとめておくことでデータの変化に気づけます。

著しくアクセスが伸びたり、減ったりしたようなデータの変化あったら、その理由を探してください。

これができると次のコンテンツ制作を考える際に、未然に失敗を防いだり、より効果的にアクセスに影響を与えることができるようになります。

次のコンテンツ作成のヒントとして役立てて下さい。

難しければ弊社のようなウェブマーケティングを専門としているコンサルティング会社に相談するのも手です。

その際はプロに任せっきりではなく、データの変化を把握することだけは自社でできるようにしておきましょう。

  

『 Googleアナリティックス 』の数値データの見方 については、以下の記事で初心者にも分かりやすく5項目を解説しています。
続けてご覧ください。
「Googleアナリティクスの重要数値 経営者が知っておくべきチェック方法」記事

この記事を書いたひと

GeoDesign編集部

このひとが書いた記事

  • ブランディングに役立つ!
    ホームページ集客で成果を上げるライバル分析シートとは?
  • 『同業他社の成功実績を教えて下さい』と聞くのは無意味
  • SNSで人気になるために押さえておくべき『エンゲージメント』の3つのポイント
  • 集客だけじゃ終われない!?
    Web集客後の流れを考える