ホームページの売上が伸びない?
売上を伸ばす3つの要素の改善方法

しょーじ

ホームページの売上が伸びない?売上を伸ばす3つの要素の改善方法

解決するお悩み

「単価を上げたい!けど新製品を作る予算はない」
「ホームページの訪問者数が伸びない」
「訪問者数はある程度いるけど、いまいち売上が伸びない」

こんな悩みを抱えている方に役に立つ情報です。

このブログで伝えること

①ホームページの売上アップの3要素とは?
②単価を上げる方法とは?
③訪問者数を増やす方法とは?
④申し込み率を上げる方法とは?

動画メッセージ版

 

1.ホームページの売上アップの3要素とは?

GeoDesignのお客様の中には一からホームページを作っていくお客様もいれば、既に自前のホームページを持たれていて、自前のホームページに関する悩みを抱えている方がいらっしゃいます。
その悩みの多くは、ホームページの訪問者数(アクセス数)や、売上が伸びないという悩みです。
せっかくお金を積んでホームページを作ったのですから、多くの人に見てもらいたいし、売上を伸ばしたいところですよね。

ホームページの売上は下記の3つの要素を改善することで伸びる確率が上がります。

①単価:ホームーページに載せられた商品・サービスの値段
②訪問者数:ホームページに訪問して下さったユーザーの数
③申し込み率:ホームページに貼られた商材へクリックを通じて発注した比率

売上の計算式:① x ② x ③ = 売上

逆に言えば、1つでも欠けていれば、売上を伸ばすことはできません。
例えば、単価が1円であれば訪問者数が1,000PVあって、申し込み率が100%だったとしても1,000円にしかなりません。
しかし、単価が100円であれば100,000円になります。

また、単価が100,000円で、訪問者数が1の場合はその1人が申し込んでくれない限り更新し続けても売上は0円のままです。

上記の要素をそれぞれ伸ばしていくことで、売上も伸びていく計算となります。
では、実際この3つの要素をいかにして改善していけばいいでしょうか。
それぞれ下記の章で説明して行きます。

 

2.単価を伸ばす方法とは?

お客様の多くはホームページにバナー等の広告やお問い合わせボタンを通じて注文ができるような状態になっており、それぞれ単価が決まっています。
売上を伸ばしたいのであればこの単価を上げる工夫をしなければなりません。
もちろん、そのまま商品の値段を上げることは難しいです。

今まで1,000円で床屋さんで髪を切ってくれていたのに、いきなり1,500円に上がっていては、これまで常連で来てくれたお客さんを失うことに繋がりかねません。
既に市場価格が決まっているし、そもそも単価を上げる=値上げのようなイメージから、単価を上げるのは難しいと感じるかもしれませんが、きちんと500円上がっただけの理由があり、お客さんに説明すれば問題はありません。
今までがそもそも安すぎた可能性だってあります。

現実的に単価を上げるためにできることとして下記の3つのことが挙げられます。

①有料アフターケアをセットで付ける
②合わせて買う商品の提案
③他の企業と連携して満足度を高めるサービス

 

①有料アフターケアをセットで付ける

製品を販売する際、その他のサービスと一緒に販売することで単価を上げることができたり、そもそもその他のサービス自体を知ってもらえることに繋がります。

多くのお客様は物を売ってしまったらそれで終わりだと思っているかもしれませんが、その後のケアもきちんと提案することで壊れたときの修理や、メンテナンス等、機械そのものの売上以上に利潤を得ることができます。

しかし、販売する際にアフターケアの件を伝えなければそのサービスを知ることなく壊れたら別の近場の店舗で修理されてしまいかねません。
機会損失にも繋がりますし、その店舗の営業が良ければ次からそこで購入されてしまうかもしれません。

 

②合わせて買う商品の提案

よくアマゾン等で見かける手法です。
製品のバナーをクリックすると自動的に、その製品に関連する別の商品も提案として表示されます。
例えば、バリカン一つだと2,000円だったものが、ハサミや櫛等諸々を含めて5,000円くらいまで単価が上がっています。一つ一つ売るよりも一気に買ってもらえたほうが輸送コスト等でもメリットが出てきてお得です。


 ※上記画像アマゾンより抜粋

 

③他の企業と連携して満足度を高めるサービス

自社製品にだけに頼るのではなく、他社サービスと自社製品で連携することでお客様の満足度を高めて結果的に単価が上がることもあります。

よくある例としては、デリバリーサービスをやってこなかった居酒屋やレストランが宅配業者と連携して宅配サービスもはじめるといったことです。
当然配送料がかかるので結果的に単価が上がりますが、雨の日や忙しくて食事に行けない方には魅力を感じるはずです。

自分たちだけではできないサービスを他業者との連携で実現し、顧客満足度を高め、その結果単価を上げることに繋がります。

このように自社製品の単価は新製品を開発する以外にも付加価値を付けることである程度上げることが可能です。

 

3.訪問者数を増やす方法とは?

訪問者数を増やす方法とは?

次は訪問者数を伸ばす方法をお伝えします。
単価がいくら高くても、訪問者がいなくては売上を伸ばすどころか、計上することすらできません。訪問者は多ければ多いほうがいいです。

訪問者数を伸ばす方法は以下の2つのやり方で実現できます。

①現在狙っているキーワードを上にあげる。
②新たなキーワードを見つける。

下記、説明いたします。

 

①現在狙っているキーワードを上にあげる。

訪問者数は、狙っているキーワードを今より上げてやることで伸ばすことができます。

誰だって調べた際にすぐ検索に引っかかってくるサイトを優先して訪問しますよね?
そのとき得たい情報の精度が低かったり、ボリュームが少なければ他のサイトへ行って情報を探しに行きます。

彼らが求める情報をきちんと与えることができれば当然そのサイトに滞在する時間も長くなるし、クリックの数も増え、結果的に売上が伸びる可能性が上がります。

そのためにはまず自分の狙っているキーワードで自分より上のサイト(ライバルのサイト)を分析して、どういった悩みを訪問者が抱えていて、それをいかなる情報をもって解決しているのか?

分析し、自分の持っている情報のブラッシュアップや精度や網羅性を高める努力をしましょう。
SEO的にもマッチした情報を提供できていることが求められているので結果的に狙っているキーワードで上位を狙うことができます。

 

②新たなキーワードを見つける。

あなたの会社が提供するサービスによって解決できる問題を、他にも見つけることができれば、当然その新たな解決策自体が新しい会社のサービスとなり、そのサービスを求めて訪問客がやってくるでしょう。そのサービスは会社が検索エンジンで上位を狙うべき新たなキーワードともなります。ではどうやってそのキーワードを見つければいいでしょうか?

1つ目は直接お客様に聞いてみるといいでしょう。

既にどこかのお客様と定期契約を結んでいるのであればコミュニケーションを取る機会は十分あるはずなので、その際抱えている悩みはないかアンケートを取ってみるのも手です。

2つ目はインターネットを通じて調べることになります。

あなたの商品が解決できる問題は1つではなく、本質的には2つか3つくらい他にもあるかもしれません。

例えば、ホームページを制作したいという悩みを抱えたお客さんに対してホームページを制作しますというのはホームページ制作会社のサービスです。

でも、よく考えてみればお客さんが欲しがっているのはホームページではなく、本質的には売上そのものだったり、自動で販売する仕組みだったりします。
表面だけではなく、本質的にお客さんが求めているものをインターネットを通じて調べてみてはいかがでしょうか。

より詳しい集客キーワードの見つけ方は別記事ホームページ集客力を高める!見込み客の心理から考える集客キーワードの見つけ方でより詳しく書いているので参考にしてください。

 

4.申し込み率を上げる方法とは?

結果的に売上が計上されるか否かはこの申し込み率によって決まります。
例え1日のPVが1万人を超えていたとしても、広告や問い合わせページへのクリックと、申し込みが行われなければ1円にもなりません。

申し込み率は下記の2つの点を改善することで上がります。

①問い合わせまでの導線を改善する。
②問い合わせページの最適化

 

①問い合わせまでの導線を改善する。

売上が計上されるまで訪問者の動きを想像してみましょう。

まずお客さんがホームページに訪問します。
次にコンテンツを見ているときにバナーや問い合わせボタンを発見します。
問い合わせボタンをクリックしてあなたのサービスを申し込んでくれれば売上として計上されることとなります。

つまり、いくらコンテンツが良く、アクセス数が多くても、お問い合わせまでの導線が悪いとクリックをしてくれる母数が減ります。

 

②問い合わせページの最適化

次にお問い合わせの方法について改善できないか考えてみましょう。

例えば、申し込むのに必要な情報をできるだけ減らすだけでも改善に繋がるでしょう。
スマートフォンを通じてあなたのホームページにお客さんが来たとして、申し込むのに余りに多くの情報が必要だった場合、申し込みにくいですよね?
できるだけ無駄を省いて使いやすいお問い合わせページを作ることが大事です。

こういった申し込みページの最適化には別記事お問い合わせ率を上げる為に最も簡単な方法とはに詳しく書いていますので参考にしてください。

 

5.まとめ

売上を伸ばすには

①単価
②訪問者数
③申し込み率

の3つの要素を伸ばしたり、改善することで実現します。

単価は現状の貴方のサービスにアフターケアや他社との連携を通じて付加価値を付けることで無理なく上げることができます。
訪問者数は自分の狙うキーワードのライバルサイトを分析し、自分のホームページのコンテンツの精度等改善したり、その他の集客キーワードを発見することで、新たなキーワードでのコンテンツを作り、結果的に訪問者数を増やすことができます。
申し込み率は問い合わせページまでの導線を改善し、問い合わせページを最適化することで高めることができます。

今回紹介した記事の内容は実際にGeoDesignでやっていることなので、実行すれば結果がでます。
しかし、自分でやってみていまいち効果を感じられない、難しいと感じた際は是非GeoDesignまでご相談してみてください。

  • 集客+売上を上げるホームページができる「DEKITA・デキタ」
  • 二人三脚のWEBコンサルで成果があがる「AGARU・アガル」

この記事を書いたひと

ジオデザイン webマーケター しょーじ

しょーじ

地元に密着し地域を活かしたビジネスの売上アップ、集客アップなどの成果アップが得意です。
地域マーケティング・コンサルタントとして、あなたの目標を明確にして、問題を解決するスペシャリストとして、事業のサポートをしてまいります。

このひとが書いた記事

  • 強みやウリは創るものっ!
  • 成果を最大化させるために
    必要な経営理念とは
  • 経営者が悩む!
    ネットで集客ができない
    最大の理由とは?
  • Web集客が停滞した時に実施すべきコト