本当の意味での「スマホ最適化」とは?

GeoDesign編集部

本当の意味での「スマホ最適化」とは?

解決するお悩み

「スマホ向けにホームページを作るべき?」
「スマホの最適化って何をすればいいの?」

こんな悩みを抱えている方に役に立つ情報です。

 

このブログで伝えること

1.近年のインターネット事情
2.本当の意味での「スマホ最適化」とは

 

動画メッセージ

 

近年のインターネット事情

今では、スマートフォンを利用するのが当たり前の時代となってきました。

しかし、いまだにパソコンとスマートフォンで同じ表示をしているホームページがあります。

本来パソコンでホームページに訪れたときは大きく見せ、スマートフォンの場合は横幅を小さく文字が大きく読みやすいホームページにすべきです。

   

ホームぺージ、パソコンとスマートフォン表示が同じでいいの?

ホームページを閲覧する時は、パソコンはパソコン画面サイズやブラウザサイズで、 スマートフォン は縦長のスマホ画面サイズで見ます。

もしスマートフォンでホームページを閲覧する時にパソコン画面と同じ表示になった場合、どうでしょうか?
表示が細かすぎて離脱してしまうユーザーが増えてしまうでしょう。

スマートフォンが流行り始めた当初であれば、スマートフォン向けのサイトが少なかったため画面拡大して閲覧している人もいました。

その当時はパソコンでホームページを見るのが当たり前の時代だったのです。
スマートフォン ユーザーが少ないため、大半はパソコンに向けたホームページ表示が主流でした。

ただし、今はスマートフォンは一人に1台所有するようになってきました。
パソコンよりも、いつ・どこでも閲覧可能なスマートフォンでホームページを見るのが当たり前の時代になったのです。
成果をあげるためにも、閲覧媒体によって適切なサイズに表示されるようにしなければなりません。
つまり、パソコンやスマートフォンそれぞれに対応した表示対応を行う必要があるということです。

したがって、スマートフォンに向けたホームページは、成果をあげる上で最低限のスペックだといえます。

 

本当の意味での「スマホ最適化」とは

「スマホ最適化」とは、スマートフォンでホームページを見やすくできればいいというものではなく、スマートフォンを使いビジネスに応じた接点を作ることを指します。

ホームページで考えてみると、見込み客との接点を持つことが目的であるため、スマートフォンで訪れたユーザーが接しやすいようなUIやUXデザインを考えなければならないのです。

問い合わせフォームを設置していた場合、キーボードで文字入力するパソコンと同じようなフォームでいいでしょうか?
スマートフォンの場合は、片手で持つ方がほとんどなので文字入力が多いと大変だと感じ、利用される可能性が低くなるでしょう。

たとえば、出先で宿泊予約をしようと思った時、イチから個人情報を入力して予約するよりも、登録しているポータルサイトを使えば自動的に情報が入力されるので、利用がとても楽だと思います。
これを克服するためにも、 スマートフォンには スマートフォンに向いているやり方があります。

このように、本当の意味でのスマホ最適化とは、あなたのビジネスに応じたスマートフォンに適した接点方法を考えて実現するのが重要です。

 

まとめ

自社のホームページを持っている方は、ステップアップを考えるならパソコンとスマートフォン表示の両方、最低限でもスマートフォン向けの表示を制作すべきです。

その後、スマートフォンに合った方法でビジネスの接点を作っていく必要があります。

この記事を読んでいる方のなかには「ホームページだからこのやり方しかない」「問い合わせはとりあえずフォームでしょ?」と偏った考え方になっている方もいるのではないでしょうか?

これから最適化を検討したい方は、こうした先入観を捨ててスマートフォンでホームページに訪れた人との接し方を考えるのが大切です。

接し方を考えるときは、ぜひ自分達目線で考えるのではなく、スマートフォンを通してアクセスしてくれる見込み客目線で考えてみて下さい。
早速ホームページ改善の余地が見つかるでしょう。

この記事を書いたひと

GeoDesign編集部

web設計を重視し、独自の戦略とwebマーケティングで集客と売上アップを実現します。
クライアントの成功事例の一部は、「web集客・売上upの成功実績」からご確認ください。

このひとが書いた記事

  • うちの会社に『ブランディング』 は必要なの?
  • なぜ成功できるのですか? 
  • 【web集客を成功させる秘訣】お客様に自社を選んでもらうには、どんな訴求をするべきか?
  • SNSで人気になるために押さえておくべき『エンゲージメント』の3つのポイント