集客戦略を考えることの重要性

GeoDesign編集部

集客戦略を考えることの重要性

解決するお悩み

「ホームページ制作が終わったけど集客できない!」
「ホームページを作った後何をすればいいの?」
「集客の自動化を進めたい!」

こんな悩みを抱えている方に役に立つ情報です。

 

このブログで伝えること

1.ホームページは完成してからが大事
ホームページで集客を行うには『集客戦略』が必要

 

動画メッセージ版

「ホームページを作った!」
「これで今後はホームページを通じてお客さんが来てくれるだろう」

こう考える方が未だに多くおります。
確かに今までホームページなしで商売をされていた方にとっては、ホームページを作ったこと自体は快挙なのかもしれません。

しかし、実際にはホームページを作っただけでは意味はありません。
ホームページは結果、つまり集客や売り上げを達成して初めて意味を持ちます。

今回はホームページ制作から集客につなげるためのホームページ『戦略』についてお伝えします。

 

1.ホームページは完成してからが大事

冒頭でも述べましたが、ホームページを作ったり、リニューアルしてもそのまま集客につながるとは限りません。

ホームページとは、あくまでのインターネット上での会社の窓口のようなものです。
扉に入ってこなければホームページそのものに意味はないのです。

ホームページは検索されてアクセスがあり、お問い合わせがあり、売り上げにつながってやっと意味を成すものなのです。

ですから、ホームページ制作やリニューアルが重要なのではなく、むしろその後どのようにホームページを活用するのかが重要なのです。

 

2.ホームページで集客を行うには『集客戦略』が必要

ホームぺージで集客を成功させるには

ホームページ制作は、作ったことに意味はなく、むしろホームページ運営に意味があります。

ホームページは適切に運営すれば『自動で集客』してくれるツールであることに間違いはありません。

あなたが移動中でも寝ていても、ホームページは常に開かれているものです。
自動的に勝手に世界中から集客をしてくれるツールなのです。

ただ自動集客を成功させるには、『集客戦略』がホームページに組み込まれている必要があります。

とりあえず適当にホームページを作り、毎日なんとなく更新をしていても、集客戦略がなければ成功する可能性が低いでしょう。
むしろ、更新にかける時間やホームぺージ維持のためのドメイン代やサーバー代が無駄になる恐れがあります。

集客を行うための仕組みを考え、その仕組みがホームページに戦略的に組み込まれていなければならないのです。

今一度、自問してみて下さい。
「あなたのホームページ、どのように集客するために存在していますか?」

 

集客戦略を考えるには、ホームページの目的や役割から

ホームページという便利なツールを使い集客を戦略的に行うには、まずホームページの目的や役割をはっきりさせましょう。

例えば・・・
・ 自社や自社商品の認知度を高めるためなのか
・ 売り上げを伸ばしたいのか

目的や役割は、できる限り具体的にしましょう。

・ 認知度を高めるなら、『誰に』知ってもらうのか
・ 売上げを伸ばしたいなら、 『どのくらい』伸ばしたいのか

ホームページを運営する目的があるはずです。

このことはホームページだけに限ったことではありません。
SNSに投稿するときも、具体的な目的に沿って実行に移さなければなりません。

ホームページの目的や役割を持たせる意義については下記の記事も参考になさってください。

◆「ホームページに役割を持たせる重要性とは!?」記事

 

ホームページの目的・役割がなぜ重要か

なぜホームページには目的や役割を明らかにすることが重要なのでしょうか。

考えてみてください。
ホームページの目的が明確でなければ、集客したいターゲット層がぶれてきます。

例えば、大人用の衣類を売りたいという時、子供がホームぺージにアクセスしてきても意味はありません。
売り上げを伸ばすには、もちろん大人に見てもらわなければなりません。
つまり集客したいターゲットは大人で、さらに年齢層も設定するといいでしょう。

意味のある集客を行うには、ターゲットを絞り、できるだけニッチを攻めた方が効果があります。

しかも多くのビジネスは小売りやネットショップのように直販をするわけではありません。
動く額が大きく、ただ知ってもらえれば買ってもらえるようなビジネスは稀です。

「どのように『見込み客』を成果に繋がる『顧客』に変えていったらいいのか」
それを考えるには、まずホームページの目的、役割をはっきりさせることです。

もし現在のホームページに具体的な目的がなければ設定する必要があります。

  

自分の会社名を知ってる人が見てくれればよい?

会社の目的を考えたとき、「ただ自分の会社名を知っている人だけに見てもらえればよい」と考えてはいませんか。

以前、とあるお客さんに伺った話はこうでした。

「交流会で出会って名刺交換をして、気になった人がホームページを見てくれるだろう。
そのためにはホームページがなくてはならない」

ホームページの可能性を考えたら、これは『後ろ向きな言葉』のように思えてしまいます。

インターネットは自分の会社がある地域だけではなく、全世界とつながるツールなのに・・・

確かに、名刺交換は重要かもしれません。
しかし、今は新型コロナウイルスによってその機会も奪われてしまっています。
名刺交換だけではなく、ホームページを集客の活用ツールとして考えてみませんか。

ホームページは適切に運営すれば、自社を知ってる人だけではなく、まだ知らない人からも問い合わせが来るようになります。

ホームページ制作を始めようと思った時のことを思い出してください。
『新しいビジネス』『ご縁』を求めてホームページを作ったのではないでしょうか。

今一度、ホームぺージの役割をしっかり考えてみましょう。

 

4.まとめ

再度「ホームページを作っただけでは意味がない」と断言します。

ただホームページ自体は自動的に集客できる可能性に満ちたツールであることは間違いありません。
そのためには、ホームぺージ制作後にも随時集客ができる仕組みを戦略的にホームページに組み込む必要があります。

まずはあなたのホームページの『目的・役割』をはっきりさせてください。
これが曖昧では、見込み客となり得るターゲットを絞り込むことができません。
できる限り具体的にしましょう。

集客戦略がホームページに組み込まれているのか、いないかが自動集客の鍵です。

この記事を読まれた機会に、ぜひ今運営されているホームページの戦略を練り直してみて下さい。

この記事を書いたひと

GeoDesign編集部

web設計を重視し、独自の戦略とwebマーケティングで集客と売上アップを実現します。
クライアントの成功事例の一部は、「web集客・売上upの成功実績」からご確認ください。

このひとが書いた記事

  • 【企業セミナー:開催終了(有料)】2022/8/4 インスタ集客スタートアップセミナー
  • USPって簡単に作れるの?
    USPを生み出す5つの型とは
  • 『同業他社の成功実績を教えて下さい』と聞くのは無意味
  • イケてないホームページが集客できるページに変わる5つのポイントとは?