集客につながらない オリジナルCMSの落とし穴

GeoDesign編集部

解決するお悩み

「ホームページをリニューアルしたい」
「新しくホームページを立ち上げたい」
「簡単に更新ができる仕組みを知りたい」

こんな悩みを抱えている方に役に立つ情報です。

   

このブログで伝えること

1.CMSとは
2.オリジナルCMSとは
3.オリジナルCMSで気をつけるべきたった一つのポイント
4.オリジナルCMSを見極めるコツ

   

動画メッセージ

   

CMSとは

CMSとは『Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)』の略称です。
ホームページを簡単に構築したり、更新したりできるシステムのことです。

CMSの中でも、世界で最も利用されているのが『WordPress(ワードプレス)』です。

WordPressは、ホームページの構築や更新を簡単にするだけではなく、SEOに強い設計にできるため集客に強いのです。
ですからWordPress をベースに作成されているホームページは非常に多いです。

   

CMSのメリット・デメリット

CMSを利用するメリットは、ホームページに関する知識がない人でも簡単に更新したり作り上げられることです。

WordPressを例に挙げると、『テーマ』と呼ばれるテンプレートに文章やデザインを当てはめていくだけなので、知識がなくても綺麗なホームページが作れます。

一方でCMSのデメリットは、プログラムを理解していないと根本的なデザインを変えられないことです。

メリットでも解説したとおり、決められた形にそって文章を流し込むのが得意である反面、オリジナルの構成にするのが難しいです。

もしデザインを大きく変えたい場合は、プロの業者に頼むことになるでしょう。

   

オリジナルCMSとは

オリジナルCMSとは、WordPressを元に各制作会社で利用者が簡単に更新できるようなカスタマイズをして提供しているCMSのことです。

WordPressはカスタマイズをしやすい反面、ある程度の知識がないと時間やコストがかかってしまいます。

そこで、各制作会社がオリジナルのカスタマイズをして利用者に提供しているのです。

しかし、オリジナルCMSは各制作会社によって仕組みや設定が変わるため、見極めて利用しなければなりません。

   

オリジナルCMSで気をつけるべきたった一つのポイント

オリジナルCMS を提供している会社は、知名度があるものから業種に特化したもの、地域企業に特化したもの等、幅広くたくさん提供しています。
また機能面についても各社それぞれ、特長が異なります。

オリジナルCMSを選ぶときには『SEOに必要な基本設計』があるかどうかが重要です。

そもそもホームページを作る目的は、作ることではなく集客をすることです。
しかし、オリジナルCMSの中にはSEOに必要な基本設計ができないものが存在しています。

  

例えば、

・広告の効果測定ができない(Google広告との連携ができない)
・アクセス解析ができない(Googleアナリティクスとの連携ができない)

などの欠点があります。

  

オリジナルCMSの中では「アクセス解析ができます!」と謳っているケースもありますが、アクセス数くらいしか見えないためSEO対策ができないのです。

本来ホームページをリニューアルした場合、WEB設計がしっかりとできていれば数ヶ月でアクセス数が3倍以上になる可能性が高いです。

実際に弊社ではWEB設計をしただけで3倍になったり、サービスや商品への導線を強化して申し込み数が1年で5倍になったり、広告の最適化によって単価が3分の1になったりするなどの実績があります。

ホームページは一度作ったら終わりではありません。
効果測定と改善の繰り返しによって集客へとつながるため、 オリジナルCMS はSEO対策ができるかどうかが非常に重要です。

   

オリジナルCMSを見極めるコツ

ここまでの解説で「オリジナルCMSには悪いものしかないのでないか?」と思われた方もいるでしょう。

しかし、オリジナルCMSの中には以下のようなメリットがあるものもあります。

オリジナルCMSのメリット
・ サポートが充実している
・ 使い勝手が良い
・ 集客も考えられている

  

ただし、その一方で機能が不十分であるオリジナルCMSが存在しています。
では、オリジナルCMSを見極めるコツはあるのでしょうか。

もし、HTMLやCSSなどのコードやWEB設計を理解している人であれば、コーディング内容やストーリー設計をみて判断がつくでしょう。

しかし、ある程度の知識がないと見極めが難しいため、知識がない方はどのように見極めるべきなのかが気になるところです。

答えは『実績を聞く』ことです。

実績とは、オリジナルCMSの導入によってどれだけ売り上げが上がったのか、集客効果が上がったのかを大体の数字で確認します。

実績がない制作会社の場合、実績を聞いても答えられないケースがほとんどです。
そのため、判断基準の一つとして 『実績を聞く』 のが効果的でしょう。
正確な数字でなくてもしっかりとした具体的な効果や回答を得られるかどうかで判断されると良い思います。

  

まとめ

ホームぺージは簡単に構築したり、更新するのが目的ではありません。
ホームぺージを公開することでWEB集客に成功し売上げをアップさせることが目的です。

ホームぺージを更新したり創り上げるシステムであるCMS(コンテンツ・マネジメント・システム) を使ってホームページを作る際は、CMSによって異なる特長、メリット・デメリットを把握してください。

そして集客につながらないオリジナルCMSを金額で選ぶことの無いよう、判断基準を間違えないでください。
オリジナルCMSを使う場合は、SEO対策ができるかどうかが非常に重要です。

ホームぺージのCMS設計の本質を理解し変えるだけで、広告を使って集客にかかるコストも改善することにつながります。

サポートが充実し、使い勝手が良く、集客も考えられているオリジナルCMSを導入するには見極めが必要です。
自分で見極めが難しい場合は、詳しい人に見てもらったり、セカンドオピニオンとして他の会社に聞くのもオススメです。
セカンドオピニオンとしては、GeoDesignでも対応いたしますので、ぜひいつでもご相談ください!

この記事を書いたひと

GeoDesign編集部

このひとが書いた記事

  • 集客できないホームページの典型的な5つの特徴
  • アウトソーシングでホームページ制作するのに
    抑えておく7つのポイント
  • ウェブ集客に絶対必要!?定点観測の重要性とは
  • ブランディングに役立つ!
    ホームページ集客で成果を上げるライバル分析シートとは?