無料ブログを自社のウェブサイトにするのはアリ?ナシ?

GeoDesign編集部

無料ブログを自社のウェブサイトにするのはアリ?ナシ?

解決するお悩み

「無料ブログを自社サイトにするのはどうなの?」

こんな悩みを抱えている方に役に立つ情報です。

 

このブログで伝えること

1.無料ブログのメリット
2.無料ブログのデメリット
3.無料ブログの効果的な活用方法

 

動画メッセージ

 

無料ブログを運営するメリット3つ

無料ブログには、3つのメリットがあります。

1.テンプレートが用意されている
2.運用コストが発生しない
3.集客に結びつく

 

メリット1:テンプレートが用意されている

1つ目のメリットは、テンプレートが用意されていることです。

無料ブログにはさまざまなテンプレートが用意されており、情報やコメントを当てはめていくだけでそれなりのページができあがります。

「Jimdo」や「WIX」などのホームページ作成サービスと比べると、デザインの質は多少見劣りするものの、スタートアップ企業でスピーディーな情報発信を求めている場合にはおすすめです。

 

メリット2:運用コストが発生しない

2つ目のメリットは、初期費用や運用コストがかからないことです。

ホームページを運営していく場合、レンタルサーバー費用やドメイン費用など、何らかの金銭的コストがかかってきます。

しかし、無料ブログは毎月かかってくるコストが発生しないため、経営者目線でも嬉しいツールです。

また、無料なのに管理システムが充実しています。
今まで利用してきた人のフィードバックを元に、無料ブログの運営者が使い勝手の悪い機能の改善や良いところを伸ばして、さらに使いやすくなっています。
本来、システム部分はかなり高額の費用がかかります。

もし、一から自分で無料ブログのような機能を作ろうとするとかなりのコストが発生しますが、無料で利用できるのは魅力的です。

 

メリット3:集客に結びつく

3つ目のメリットは、集客に結びつくことです。

無料ブログは、コンテンツの更新をすることで、同じ無料ブログ内の更新情報などに表示されます。
その結果、そのジャンルを見ているユーザーが自分のコンテンツも見てくれる可能性があるのです。

例えば、アメブロを例に考えてみましょう。

アメブロでは、フォローしている友達の記事を見て回りますが、その時に自分のブログを更新すると更新情報に表示されます。
同時に フォローしている友達以外にも同じジャンルページにも表示されるので集客効果があります。

自分のサイト内でブログを立ち上げた場合、広告やSEO対策を通じて集客をしていくため、検索で上位に表示されない限り自分のサイトをすぐに見てもらえる機会は少ないです。
自分でSNSに発信したり、メルマガで集客を開拓していく必要があります。

無料ブログでは、ブログを立ち上げただけで集客につながるのがメリットです。

 

無料ブログを運営するデメリット6つ

無料ブログにはメリットがある反面、デメリットもあります。

大きなデメリットは、以下の6つです。

1.資産にならない
2.広告が表示される
3.オリジナルのドメインではない
4.ページの作り込みが発生する
5.解析ツールに対応していない可能性がある
6.サイト移管時のコストがかかる

 

デメリット1:資産にならない

1つ目のデメリットは、資産にならないことです。

このデメリットは、無料ブログを運営するうえで最も大きなデメリットといえます。

無料ブログで上位表示できるコンテンツに育ったとしても、自身のドメインではなく無料ブログのドメインが強くなってしまいます。
その結果、自分の資産にならず無料ブログの資産となってしまうのです。

仮に無料ブログのドメインが変わったり、無料ブログのサービスが停止してしまえば今までの苦労も水の泡となってしまいます。

ただし、無料ブログのなかには有料に切り替えることで、自身好みの独自ドメインに変更できる場合もあるでしょう。
有料に切り替えれば自身の資産となり、充実した機能も利用できるようになります。

 

デメリット2:広告が表示される

2つ目のデメリットは、広告が表示されることです。

無料ブログによっては、ページ内に広告が自動に入ってしまう場合があります。
広告が表示される場所は無料ブログによって異なるものの、広告によってブログの離脱率が上がってしまうこともあるのです。

なぜなら、無料ブログで表示される広告は、閲覧者のパーソナライズされた情報に基づいて最適な広告が表示されるからです。

例えば、 沖縄へ旅行にいきたいと思っている人がいるとしましょう。
その人は、なかなかホテルが決まらずに、何週間も悩んでいます。
そこに「家族で行く飛行機旅行、今なら1万円!」などという広告が表示されれば、気になってクリックしてしまうものです。

クリック後、再度ブログ記事に戻ってくる可能性が低いため、せっかく集客してもすぐに離脱してしまう可能性があります。

 

デメリット3:オリジナルのドメインではない

3つ目のデメリットは、オリジナルのドメインでないことです。

無料ブログのドメインは、ほとんどの場合でドメイン名にサービス名が入っています。

したがって、ブログの公開をしたときにURLを見て無料のブログだと認識される可能性があるのです。

自社サービスのブランディングに関わる部分でもあるので、無料ブログを利用する際は慎重に選択しましょう。

 

デメリット4:ページの作り込みが発生する

4つ目のデメリットは、場合によってページの作り込みが発生することです。

無料で運営していても、何らかの商品やサービスを訴求したいと思ったら、テンプレートではなくオリジナルのページを制作したいものです。

そのときに、社内にリソースがなければ外注することになるでしょう。

外注に依頼するとコストが発生するため、無料ブログでも発信する内容によってコストが発生する可能性もあるのです。

 

デメリット5:ツールに対応していない可能性がある

5つ目のデメリットは、対応していないツールがあることです。

より良いサイトにしていくためには、今行っている施策が正しい方向性なのかを定期的に分析しかなければなりません。

分析時には、さまざまなツールを駆使しながら進めていきますが、無料ブログでは分析ツールが利用できないケースが多いのです。

現在は、解析ツールである「Googleアナリティクス」に対応している無料ブログが増えているものの、その他にもさまざまな分析が必要となるため、戦略的に進めていきたい場合には大きなデメリットになってしまいます。

 

デメリット6:サイト移管時のコストがかかる

6つ目のデメリットは、サイト移管時のコストがかかることです。

たとえば、無料ブログ内で上位に表示されるようになったとします。
そしてホームページに予算を投資できるようになり、もっと違う機能を追加したい、カスタムしたいと思った時、無料ブログではできる事に限りがあります。
無料ブログではなく、自分独自のホームページを作成構築することになり、今までの無料ブログで掲載していたコンテンツを移管しようとします。

そのときに、ブログをそのままホームページに移管できる機能がほぼありません。
今まで作ってきた情報を書き出す機能がとても少ないため、一記事ずつコピペをしていかなければなりません。

大量のブログを制作した場合には、非常に多くの時間が消費されてしまうため、自身の戦略に応じた使い分けが重要です。

 

無料ブログの効果的な活用方法とは

無料ブログは、戦略に応じて利用するのが大切です。

将来的なブログ運営をどうしていくのか、無料ブログを始める前におおよその利用目安を定めておくのもいいでしょう。
金銭的なコストだけで考えるのではなく、「最終的なゴールをどこに設定していく」のかです。

ゴールを達成するためにどこまで無料ブログを使うのか、どこから有料プランや自社サーバーに切り替えてカスタマイズしていくのかを明確にする必要があります。
将来的に特にカスタマイズなどは検討していない、戦略はないという場合は、予算も手間もかかるため無料ブログのまま引き続き利用するのも1つの手段です。

無料ブログのなかには地域ブログというものがあり、地域の方にマーケティングするために利用するのも一つの手段です。

このように、効果的に無料ブログを運用するのが重要といえます。

 

まとめ

無料ブログで自社サイトを運用するのは、戦略次第といえます。

しかし、ステップアップを考えて運営していきたい方は、無料ブログを避けて自社サーバーの運用をするのがおすすめです。

無料ブログを運営し続けた場合、詳細分析ができなかったり移管時のコストという課題が発生してしまうため、長期的に見て成長を続けるのが難しいものです。

これから自社サイトを運営したい方は、多少の予算を確保できるのであれば自社サーバーでの運営をしていきましょう。

この記事を書いたひと

GeoDesign編集部

web設計を重視し、独自の戦略とwebマーケティングで集客と売上アップを実現します。
クライアントの成功事例の一部は、「web集客・売上upの成功実績」からご確認ください。

このひとが書いた記事

  • イケてないホームページが集客できるページに変わる5つのポイントとは?
  • ウェブ集客を成功させるための
    ホームページ作成の依頼方法
  • そのページ構成って適切?
    成果の上がる適切な構成の作り方とは
  • アクセスの爆上げに必須!抑えるべき基本『コーディング』とは?