アウトソーシングでホームページ制作するのに
抑えておく7つのポイント

小山

アウトソーシングでホームページ制作するのに抑えておく7つのポイント

解決するお悩み

「ホームページ制作で成功させたい!」
「成果の上がるホームページをアウトソーシングで実現したい」
「アウトソーシングでホームページ制作をする上で注意すべき点を知りたい」

こんな悩みを抱えている方に役に立つ情報です。

このブログで伝えること

①ホームページ制作をアウトソーシングで成功するには事前準備が重要
②ホームぺージをアウトソーシングで作る上で抑えておく7つのポイントとは?

動画メッセージ

  

1.ホームページ制作をアウトソーシングするには準備が欠かせない?

弊社GeoDesignはホームページ制作のご相談を受けることがあります。

とりあえず相談しよう!と何の準備も無しでご相談されることがあるのですが、これではアウトソーシングでホームページ制作がスムーズにいかず、失敗に終わる可能性があります。

弊社の場合はやり取りが始まった段階で、確認すべきことが分かっておりますので問題はないのですが、もし他のホームぺージ制作業者にお願いする場合は、ターゲットや納期など設定していなければ、だらだらと適当なホームページを制作してしまう恐れがあります。

ホームページ制作には、制作費用は当然かかるし、制作にも時間がかかります。
そして忘れてはならないのはホームページを制作し始めるまでにも時間がある程度かかるということです。

成果を上げるために1秒でも早く公開したほうがいいです。

ホームページ制作は業者にアウトソーシングするならば最低限伝えておかなければならない点がいくつかあります。

例えば、そもそもどんなホームページを制作したいのか?どういった成果を上げたいのか等社内で話し合ってまとめておくべきです。

前もって貴方が必要な情報を業者に渡せられるなら、打ち合わせの時間を短くすることもできるし、サイトの方向性もはっきりしているので完成までにかかる時間も短くなるでしょう。

そして何より、貴方の望んでいるようなホームぺージが出来上がるでしょう。

今回の記事では、ホームページ制作をアウトソーシングするのに最低限業者に伝えておくべきポイントを7点ご紹介します。

  

2.ホームぺージをアウトソーシングで作る上で抑えておく7つのポイントとは?

それではホームページをアウトソーシングで作る上で業者に前もって伝える抑えておくべき7つのポイントをご紹介します。

  

①ホームぺージのターゲットはどんな方か?

どんな人にそのホームページに来てほしいのかターゲット(ペルソナ)を決めましょう。

この際、20歳~50歳の男女など曖昧なターゲットではなく、もっと絞って決めたほうがいいでしょう。
例えば30代の女性や、16歳から18歳くらいの高校生だったりです。

確かにレストランや美容院などは様々な年齢のお客様が来るでしょう。
しかし、メインのお客様としては誰が来てほしいか決めることで、そのお客様に絞った形でコンテンツを作成できるし、絞ったほうがキーワード戦略などもうまくいきます。

さらに言えば、そのメインターゲットを狙う理由も戦略を考える上で必要です。
ペルソナの立て方に関する動画も弊社GeoDesignの動画で説明したことがあるので是非一度観ていただけますでしょうか。

  

②ホームページでアピールしたい自社製品やサービスの特徴は何か?

これは貴方が想定するターゲットが貴方の製品やサービスを選んで利用する理由です。
もし特に特徴が思いつかなかった場合は創り出す努力が必要です。

創り出すためには下記の2つのことをしてみてください。

■貴方の製品やサービスのライバルの分析
■お客様のレビューやアンケートの結果等からお客様の意見を確認する。

ライバルの製品と貴方の製品を比べることで、違いがきっと見えてくるはずです。
全くライバルと同じでは選んでもらえる可能性が低くなってくるので、良く分析して自分の製品との違いをよく把握してまとめておきましょう。

  

③ホームページを通して、訪問者のどんなアクションが欲しいか?

ホームページに来てくれたお客様にどういった行動をしてほしいのかということです。

注文してほしいのか、問い合わせなのか、お客様のリストを作成してプッシュ戦略を展開していきたいのか等、御社のビジネスにおけるホームページの役割によってコンテンツまでの導線が違ってきます。

オフラインでは何をするのかも明確に決めることも重要です。

ホームページは成果を上げるための手段の一つに過ぎないので、ホームページであなたの欲しい結果を元にオフラインでいかなる行動ができるのかも考えていきましょう。

  

④競合他社のホームぺージをチェックして、良いと思ったサイトはどれか?

ライベルぺージをチェックしてみるのであれば、一旦一覧表などでまとめてみて自分の商品の優位性を導き出すためにマトリックスにしておきましょう。
意外にも貴方の気づかない優位性に気づくことが多いです。

貴方の製品やサービスの優位性を把握していれば後々の集客戦略でも大いに役に立ちます。

ただ、これはあくまでライバルのホームページに限った話ではありません。
ホームページを制作する業者側にとってみれば依頼者の好み等さっぱりわかりません。

言葉で説明されても伝わりにくいので、ある程度気に入ったサイトのリストを作っておけば依頼者のホームぺージの好みや方向性等を伝える上で、分かりやすいです。

  

⑤現在のホームぺージの欠点や改善したい部分は何か?

もし既にホームページがあり、リニューアルを検討されているのであれば、今のホームページの問題点を挙げておくということです。

問題点が浮き彫りになっていれば、それを改善することで成功へつながる可能性が高いです。
つまり、よりクオリティの高いホームページを作るには、今あるホームページの欠点を大なり小なりできるだけ数多くまとめて業者に渡すことができれば、ホームぺージ制作会社にとっても高いクオリティを目指すためのヒントとなります。

  

⑥ホームページに欲しい機能は何か?

折角お金をかけるのであれば今までの既存のホームページにない機能を導入してみたいですよね。

もちろん機能の複雑さなどに応じて価格も変わってきますので、ただただかっこいいから等といった理由以外にも追加する目的を考えましょう。

見栄えだけではお金の無駄遣いとなってしまう恐れがあります。

貴方がホームページをリニューアルや新規で作る理由に対して意味のある機能を追加しなければなりません。

そのためにはホームページ制作の目的をはっきりさせておく必要があります。

  

⑦公開予定日や簡単なスケジュールは決定しているか?

公開までのスケジュールを決めることで、逆算していつ何をすべきか導き出すことができます。

ホームページを作るにはキャッチコピーを考えたり写真を準備したりと制作会社だけではできないことがたくさんあります。

公開予定日を決めておくことで制作会社も公開までにコーディング以外にも何が必要かテキパキ考えて伝えてくれるでしょう。
逆にスケジュールを決めなければやはりだらだら無駄に時間を費やしてしまいます。

時間が掛かればかかるほどいいホームページができるわけではありません。
むしろ、制作中はメールでのやり取りや直接面談をしに行ったりと何かとコストが掛かってしまいます。

これまで紹介した7つのポイントを抑えておけば、業者と深い話ができるだけではなく、ポイントを抑える際に社内で一度話し合うことで会社全体で方向性が決まります。

そうすれば完成度のホームページが出来上がるだけではなく、社内全体で同じ認識をもってホームぺージの運営ができるので、コンテンツの更新の際もぶれることがないでしょう。

  

3.まとめ

前提として、全てのホームページ制作会社が優秀なわけでも、貴方のホームページを真剣に作ってくれるわけではありません。
ある程度高いクオリティを求めるのであれば、業者だけではなく、貴方も時間をかけて準備をしなければなりません。

今回お伝えした7つの点をまとめておけば、まともなホームページ制作会社であれば高いクオリティをホームページを制作できることでしょう。
逆に、これだけ情報を集めてもスムーズにやり取りが進まない業者はあまりお勧めできません。

少なくとも弊社GeoDesignであればいいホームページをご提示できる自信があります。
もし自分でアウトソーシング先を探してみて、うまくいく気がしない時は、是非弊社GeoDesignまでご連絡ください。

  • 集客+売上を上げるホームページができる「DEKITA・デキタ」
  • 二人三脚のWEBコンサルで成果があがる「AGARU・アガル」

この記事を書いたひと

小山

このひとが書いた記事

  • アウトソーシングでホームページ制作するのに
    抑えておく7つのポイント