インターネット広告初心者の落とし穴

GeoDesign編集部

インターネット広告初心者の落とし穴

解決できる内容

「インターネット広告に興味はあるけど本当に集客できるの?」
「インターネット広告は広告費が高くて割に合わない。」

こんな悩みを抱えた方に向けた内容です。

このブログで伝えること

目先の費用対効果ではなく長期的戦略で考える
インターネット広告初心者の陥りがちな落とし穴を知る

についてお伝えします!

この考えが理解できると、自社の広告戦略の幅がぐっと広がり、営業コストの削減につながりますので、参考にしてください。

 

動画で解説

 

1.インターネット広告(リスティング広告)とは?

インターネット広告(リスティング広告)とは?

ここで紹介するインターネット広告とは、リスティング広告のことです。

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果に連動して掲載される広告のことです。

検索連動型広告、PPC(Pay Per Click)とも呼ばれています。

googleやYahooなどの検索エンジンにキーワードを入力して検索した時に、『広告』と書かれ上位表示されているものが、リスティング広告です。

 

(1)リスティング広告のメリットは?

リスティング広告は、確実に掲載結果に表示されるため、即効性の高い広告と言えます。

検索キーワードに連動しているので、自社のターゲットをダイレクトに取り込むことができるというメリットがあります。

広告を使わずにキーワード検索で上位表示させるためには、時間と労力をかけて良質のコンテンツを作らないといけません。

そのため、確実に掲載されるリスティング広告は集客効果の高い広告なのです。

 

(2)リスティング広告の費用の仕組みとは?

リスティング広告はクリック課金制です。
表示には料金は発生せず、ユーザーが関心を示して広告をクリックすると料金が発生する仕組みです。

人気のキーワードは料金が高く、人気がないキーワードの料金は安価です。

 

2.インターネット広告初心者の見落としがちな落とし穴

インターネット広告初心者の見落としがちな落とし穴

インターネット広告初心者が陥りがちな落とし穴があります。

「広告を活用したいけど、割が合わない。」
「広告予算の捻出方法が分からない。」

そんなふうに感じているなら、初心者にありがちな落とし穴にはまってしまっている可能性があります。

ここでは、初心者が陥りがちな広告の落とし穴について紹介します。
インターネット広告の特性を知って効果的な広告戦略をたてましょう。

 

落とし穴1:長期的な広告戦略ができていない

インターネット広告初心者の落とし穴は、長期的な広告戦略ができていないということです。

例えば、5,000円の化粧水を販売するのに10,000円の広告費がかかったとしましょう。この時に、この広告は割に合わないと考えてしまうのはインターネット広告初心者です。

1回の獲得単価だけで費用対効果を考えるのではなく、長期的に見て効果があるかどうかを考えましょう。

この顧客が今後、6回同じ商品をリピートした場合、5,000円×6回で30,000円の売上になります。

利益が2,000円としても2,000円×6で12,000円の利益になります。
そうすると広告費の10,000円を差し引いても2,000円の利益が残ることになります。

このように、長期的な目で見て広告費用を捻出することで、賢くインターネット広告を利用することができるのです。

 

落とし穴2:目的が商品を売ることになってしまっている

インターネット広告初心者の落とし穴は、商品を売ることが目的になってしまっていることです。

確かに商品を売ることは大切なことですが、インターネット広告の大きな目的は、見込み客のリストを買うことにあります。
商品を知らなかった人が見込み客になり、商品購入後リピーターとして顧客になることがインターネット広告の最大の目的なのです。

目先の商品売上だけではなく、見込み客を取り込むための広告費であると考えましょう。

 

落とし穴3:LTVを意識できていない

インターネット広告初心者の落とし穴は、LTVを意識できていないことです。

LTVとは、Life Time Value(ライフタイムバリュー)の略称で『顧客生涯価値』と呼ばれています。

ある顧客が、取引を開始してから終了するまでの期間に、自社に対してどれだけ利益をもたらしたか、収益の総額を算出するための指標のことを言います。

LTVは 購買単価 × 購買頻度 × 契約継続期間 で計算されます。

上記の化粧水の例であれば、5,000円の化粧水を2ヶ月に1回購入し、年間6回、3年間使い続けたとしたら5,000円×6回×3年間で90,000円という数値になります。

これがLTVです。

このように考えると、90,000円のLTVを生み出す広告に10,000円かけることは高くないという判断ができるのです。

広告費を考える時は、1回の売上ではなくLTVを意識して判断しましょう。

 

3.インターネット広告が有効な3つの商品タイプ

インターネット広告が有効な3つの商品タイプ

インターネット広告が有効な商品タイプは大きく分けて3種類あります。

この商品タイプに該当する場合は、インターネット広告が有効なので検討することをおすすめします。

 

(1)リピート率が高い商品

リピート率が高い商品は、インターネット広告が有効です。
例え商品単価は安かったとしても、リピート率が高いとLTVが高くなります。

化粧品や食品などは一度購入して気に入れば、定期的にまた購入する可能性が高くなります。

リピート率が高い商品は、結果的にLTVが高くなるのでインターネット広告が有効なのです。

 

(2)1回の購入金額が高い商品

1回の購入金額が高い商品は、インターネット広告が有効です。

高価な商品はリピートされなくても、1回購入されると売上にそのまま反映されるので、インターネット広告は効果的な手段です。

 

(3)1回目の購入金額は安く、2回目以降が高額な商品

1回めの購入金額は安く、その後高額商品の購入につなげることもインターネット広告が有効です。

体験やモニター料金で安い料金設定をすることで、広く集客することができます。最初に安い金額で商品に対する興味と信用を得てから高額な商品の購入につなげます。

インターネット広告での見込み客の心を掴むことが出来れば、別の商品への購買にもつながるのです。

 

4.まとめ

インターネット広告は、安定した収入につながるので、売上の予想がたてやすくなります。

SEOを使って検索上位にするには、準備も時間もかかるので即効性があるインターネット広告は有効な手段です。

ただ商品を売ることを目的と考えずに、見込み客のリストを買うことが広告の大きな役割です。

1回の利益だけでなく長期的な目で広告費用を捻出し戦略をたてていくことが大切です。

  • 成果を出したい人は「アガル」
  • 成果が出るホームページを欲しい人は「デキタ」

この記事を書いたひと

GeoDesign編集部

このひとが書いた記事

  • インターネット広告初心者の落とし穴
  • SEOで効果をあげるために
    文字数はどれだけ必要?