アクセス数を爆発的にアップさせるには、
まず基本コーディングを押さえよう!

GeoDesign編集部

アクセス数を爆発的にアップさせるには、 まず基本コーディングを押さえよう!

ホームページやブログへのアクセス数が伸びず、頭を抱えている人は多いのではないでしょうか。

アクセス数を増やすには、コンテンツの質を高めることと、基本のHTMLタグを理解するのが大切です。これら2点をおろそかにすると、あなたが望むような成果は得られません。

具体的にどのような対策をとれば、ホームページやブログなどのアクセス数を爆発的にアップさせられるのでしょうか?

お伝えする内容(当記事はこのような人におすすめ)

・CMSを駆使することで、簡単にホームページが作成できるようになった今だからこそ覚えておきたいポイント
・自分でWEB制作をしていて、集客アップを目指している企業の担当者へ
・あるいは、WEB制作をアウトソーシング化して、すべてを業者に任せようと考えている人へ

<動画メッセージ>

   

アクセス数を底上げするのに必要なのは?

ホームページのアクセス数を底上げするのに必要なのは、コンテンツの質を高めることです。
仮に質の低いコンテンツを量産したところで、多くのアクセスは望めないでしょう。

なぜなら、Googleはインターネット上に存在する記事の内容を、ひとつひとつ見極めているからです。
つまり、すばらしい内容のコンテンツは検索上位に表示されやすくなります。

一方で、粗悪な記事を量産するサイトはGoogleからの高評価を得られません。

また、コンテンツの中身を充実させるだけでなく基本のHTML(コーディング)を原理原則に沿って設定する必要があります。

では自社のホームページをGoogleに正しく評価してもらうには、どうすべきかを確認しましょう。

  

検索エンジンに評価される設定とは?

自社のホームページを検索エンジンに認めてもらうには、どのような設定をすべきかまとめました。
重要なポイントは、大きく分けると下記の3つです。

⑴ページの説明文がちゃんと設定されているか?
⑵HTMLタグの構成要素
⑶そもそも文章がおかしくないか?読みやすい原稿か?

  

⑴ページの説明文がちゃんと設定されているか?

いままで、筆者はコンサル業を通じてあらゆるWEBサイトを見てきました。
経験上、トップページに説明文がないサイトはアクセスが少ないです。

上記のタイプはたいていの場合、コンテンツの中身よりも見栄えを重視しています

いくらWEBサイトのデザインをおしゃれに着飾ったとしても、肝心の中身がなければ本末転倒です。

特にトップページ、商品ページ、会社の概要欄を記入する際は、オリジナリティあふれる文章を考えましょう。

WEBサイトの説明文は、読者がキーワードを検索するとサイトの名前といっしょに表示されます。
このとき、説明文がいい加減だと読者にクリックしてもらえません。
場合によっては、クリック率が数十%低下することがあります。

   

⑵HTMLタグの構成要素

HTMLとは、ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージの略です。
わかりやすくたとえると、コンピューターが記事の構成を理解するための言葉をHTMLと読んでいます。

h1はタイトルで、h2は見出し2など、HTMLタグにはそれぞれ役割があるのです。
これらを適切に使用して段落構成を考えないと、サイトとして機能しません。

身近なところでいうと、小説の目次をイメージしてください。
多くの場合、あらすじがあって、第1章、第2章と続き、最終章で締めくくられているはずです。

コンテンツも小説と同様に、段落構成を立てて制作します。

  

⑶そもそも文章がおかしくないか?読みやすい原稿か?

そもそもコンテンツの中身がチグハグだと、Googleに価値のないサイトであると判断されてしまいます。
つまり読みにくい文章は、コンテンツの価値を下げてしまうのです。

難解な言葉を使っている文章は、いくら書くのに時間がかかっていたとしても、読者に内容が伝わりません。
さらには読者の離脱率がアップするでしょう。

Googleは読み手の立場に立って考えたあと、検索上位に表示させる記事を選びます。

ホームページに掲載する記事を書く際は、できるだけ分かりやすい言葉を使いましょう。

   

まとめ:アクセス数を爆発的にアップさせるには、まず基本コーディングを押さえよう!

ホームページやブログのアクセス数を伸ばしたい人向けに、基本コーディングの大切さやコンテンツを充実させるヒントをお伝えしました。

⑴ページの説明文がちゃんと設定されているか?
⑵HTMLタグの構成要素
⑶そもそも文章がおかしくないか?読みやすい原稿か?

上記の3つをおさえて、制作に取りかかったりアウトソーシングしたりましょう。

web集客アカデミーは、GeoDesignで実績を上げてきたノウハウをもとに、本来”たたのホームページ作成会社”は必要としない項目も明確にすることで、売上アップ、利益アップ、売上アップを実現してきたノウハウです。
今までのweb集客からの売上アップの実績もご覧ください。

web集客を自分で頑張るための無料講座
web集客アカデミー目次

web集客アカデミー

1日目

→ 1-1 web集客を成功させるために必要なもの
→ 1-2 インターネットで売れる人・売れない人
→ 1-3 マーケティングとは
→ 1-4 webマーケティングをはじめるための4つのステップ

2日目

→ 2-1 ホームページの役割を決める
→ 2-2 自社の優位性に気づくために行うべき3つのこと
→ 2-3 web集客ができた後の流れを考える
→ 2-4 ページ構成が適切か最終チェック

3日目

→ 3-1 利益率を高めるために知っておくべき LTV
→ 3-2 ターゲットを決める
→ 3-3 ペルソナとは・ペルソナがあるメリット

4日目

→ 4-1 お客様の声から自社の強みをつくる
→ 4-2 競合分析をする
→ 4-3 USPとは
→ 4-4 USPを創る
→ 4-5 うちの会社に『ブランディング』は必要か?
→ 4-6 初心者でもわかるブランド戦略の立て方
→ 4-7 ブランドアイデンティティとは?
→ 4-8 選ばれる条件!お客様目線に立った訴求力

5日目

→ 5-1 集客戦略を考えることの重要性
→ 5-2 サイトリニューアルSEO。注意したい8つのチェックポイント
→ 5-3 狙うキーワードがカギ!web集客をする上で大切な極意
→ 5-4 SEOで効果を上げるために必要は文字数は?
→ 5-5 見込み客が集まる集客キーワードの見つけ方
→ 5-6 インターネット広告初心者の落とし穴
→ 5-7 はじめてのgoogle広告!いくら使ったらいいの?
→ 5-8 インスタ集客で絶対やってはいけないこと
→ 5-9 SNSで人気なるために抑えておくべ『エンゲージメント』3つのポイント
→ 5-10 リストマーケティングとは?
→ 5-11 問合せ率を高める簡単な方法とは?

6日目

→ 6-1 ホームページ作成の基本コーディングを抑えよう
→ 6-2 無料ブログを自社ウェブサイトにするのはアリ?なし?
→ 6-3 JIMDOを使ってホームページを作成するメリット・デメリット
→ 6-4 集客できないホームページの典型的な5つの特徴
→ 6-5 集客につながらないオリジナルCMSの落とし穴
→ 6-6 ワードプレスでホームページを作成する
→ 6-7 スマホ最適化ってなにか?

7日目

→ 7-1 初心者向けSEO:サーチコンソールの使い方
→ 7-2 アクセス解析で目標設定をする(収録待ち)
→ 7-3 初心者がすぐできるgoogleアナリティクス重要数値チェック法
→ 7-4 アクセス解析:定点観測をする
→ 7-5 web集客が停滞した時に実施すべきこと
→ 7-6 売り上げを伸ばす3つの要素の改善方法
→ 7-7 google広告の効果を上げるための7つのポイント

おまけ

→ おまけ-1 web集客を成功させるためのホームページ作成の依頼方法
→ おまけ-2 パートナーにしてはいけないコンサル会社とは?
→ おまけ-3 web集客を成功させるための外注のうまいコントロール方法
→ おまけ-4 アウトソーシングでホームページ制作する時に押さえておく7つのポイント

この記事を書いたひと

GeoDesign編集部

web設計を重視し、独自の戦略とwebマーケティングで集客と売上アップを実現します。
クライアントの成功事例の一部は、「web集客・売上upの成功実績」からご確認ください。

このひとが書いた記事

  • 優位性がない!?
    自社の優位性に気づくために行うべきこと3つ
  • SEOを使った集客ブログは
    こうやって順位をあげろ!
  • サイトリニューアルSEO。
    注意したい8つのチェックポイント
  • ビジネスにブログは必要か?
    どう活用すべきか?