ホームページを自分で作りたい!ホームページ制作の手順をプロが解説【制作準備編①】

GeoDesign編集部

ホームぺージ作成

自社でホームページを作るのに適した会社や自作のメリット

自社でホームページを作成するという決断は、企業にとって重要なステップです。
この選択には多くのメリットがあり、特に中小企業やスタートアップ企業にとって、費用対効果の高い手段となり得ます。

自社でホームページを作成するメリットとそれに適した会社の特徴を初めてホームページを作る方でも分かりやすく丁寧に解説していきます。
実際に自社のホームページ作成プロジェクトを始めるための一歩を踏み出してみましょう。

自社でホームページを作るメリット

ホームぺージ作成

1)コストの削減できる

外部のデザイン会社やウェブ開発会社に依頼するよりも、自社でホームページを作成した方が、長期的に見ればコストを大幅に削減できます。
特に、定期的な更新や改善が必要なサイトの場合、自社で対応できる体制を整えることが経済的です。

2)カスタマイズの自由度

自社で制作することにより、デザインや機能に関する細かいニーズに柔軟に対応でき自社の思い通りにデザインできます。
また、事業の成長や変化に合わせて、サイトを迅速にアップデートすることが可能です。

3)ブランドの理解度

社内の人間ほど自社のビジョンやブランドを深く理解している人はいません。自社でサイトを作ることにより、その理解を活かして、よりブランドに合致したコンテンツを作成できます。

4)社員のスキルの向上

ホームページを内製する過程で、社員がウェブデザインやコーディング、コンテンツ管理などのスキルを身につけることができます。
これらのスキルは、他のマーケティング活動にも活かせるため、会社全体のデジタル化を推進する一助となります。

自作ホームぺージに適した会社の特徴

ホームぺージ作成

1)社内に基本的なウェブ技術スキルを持つ人材がいる

ウェブサイトの基本的な構築と管理に必要なスキルを持つ社員がいる場合、内製のハードルはぐっと下がります。

2)ウェブサイトの更新が頻繁に必要

商品やサービスの情報が頻繁に更新される業種では、自社で素早く更新できる体制を持つことが有利です。

3)独自性と柔軟性を重視

自社の独自性を前面に出したい、または業界に合わせて柔軟にウェブサイトを変更したい企業にとって、内製は最適な選択肢です。

実践へのステップ

目的と目標の設定 サイトを作る目的と、達成したい目標を明確にします。
リソースの確保 必要な人材、ツール、時間を確保します。
スキルの習得 不足しているスキルがあれば、オンラインコースやセミナーで学びます。
プロトタイピング 紙や専用ツールを使って、サイトの大まかなデザインを考えます。
実装 実際にサイトを構築します。この過程で、外部の専門家の助言を求めることも有効です。
テストと改善 サイトが完成したら、内部や外部のユーザーからのフィードバックを元に、継続的に改善していきます。

自社でホームページを作ることは、チャレンジングながらも多くのメリットがあります。

一方で、専門知識やセキュリティ対策が必要で時間と労力がかかったり、デザインや機能に制限がある場合も出てきます。

メリット・デメリットを踏まえ、自社にあったスタイルを選ぶといいでしょう。
予算に余裕があり、デザインや機能にこだわりたい場合は、制作会社に依頼するのも1つの手段です。
上記のステップを踏むことで、ビジネスに合わせた最適なウェブサイトを実現できるでしょう。

ホームページ作成の準備をしよう:コンセプトを明確にする

会社のホームページを作成する際、最初に行うべきことの一つが、ホームページのコンセプトを明確にすることです。
ホームページはただ存在するだけではなく、訪れる人に対して明確なメッセージを伝え、目的を果たすべきツールです。
自社の強みや目標を明確に、ユーザーにとって魅力的なホームページを作れるよう、以下の7ステップでホームページの役割と目的を決めていきましょう。

ステップ1)ホームページの役割と目的を決める

ホームページの役割と目的を決める

時間を要するかもしれませんが、成功のための大切な一歩です。
自社のホームページを訪れるであろう主なターゲット層と、彼らに伝えたいことを明確にします。
自社のホームぺージは、下記の5パターンの中のどの目的に当てはまりますか?

◆広報:自社の魅力を発信

ホームページは、自社の魅力、強み、ビジョンを伝える重要な手段です。
製品やサービスの詳細、企業の歴史や文化、成功事例などを通じて、訪問者に自社の価値を理解してもらうことが目的です。

◆販促・集客:新規開拓

製品やサービスを直接販売する場合や、リード生成を目的とする場合には、販促・集客のツールとしてホームページを活用します。
特設キャンペーンページやブログを通じて、新規顧客の獲得に繋げます。

◆採用:求人応募

優秀な人材を惹きつけるための採用情報の掲載も、ホームページの重要な役割の一つです。
企業文化や働く環境、求める人物像を明確にすることで、適切な応募者を集めることができます。

◆業務改善:商品販売・資料配布・顧客リスト

オンラインでの商品販売、資料のダウンロード提供、顧客リストの作成など、業務の効率化を図るためにホームページを利用することもできます。
これにより、オフラインでの手間を省き、よりスムーズなビジネス運営を目指します。

◆名刺代わり:会社案内

ホームページは、会社の「オンライン名刺」としても機能します。
連絡先やアクセス方法、事業内容など、基本的な企業情報を掲載することで、誰もが簡単に会社を知ることができます。

ステップ2)目標(ゴール)を決めるプロセス

会社のホームページを作成するにあたり、最も基本的で重要なステップの一つが「目標(ゴール)を決める」ことです。
ホームページの目標を明確にすることで、デザインやコンテンツの方向性を正しく導き、効率的にサイトを構築できるようになります。

このプロセスを通じて、ホームページがどのように会社のビジネスやブランディングに貢献できるかを理解し、計画を立てることができます。
また、ホームページ運営の目標を定量的に設定することで、効果測定がしやすくなります。

1.会社のビジョンとミッションを理解する

ホームページの目標を設定する前に、まずは自社のビジョン(将来的な目指す姿)とミッション(存在意義や使命)を深く理解することが重要です。
これにより、ホームページが果たすべき役割や、伝えるべき核心的なメッセージが明確になります。

2.主要なターゲットオーディエンスを特定する

ホームページを訪れるであろう主要なターゲットオーディエンスを特定し、彼らのニーズや関心事を把握します。
ターゲットオーディエンスの特定には、顧客アンケートや市場調査データの分析などが有効です。こうすることで、彼らに響くコンテンツやデザインを計画できます。

3.具体的な目標数値を設定する

ビジョンとターゲットオーディエンスの理解をもとに、ホームページで達成したい具体的な数値目標を設定します。
目標は「売上の向上」「ブランド認知度の向上」「顧客とのエンゲージメントの強化」など、ビジネスの優先順位に応じて決めることができます。

<数値目標の設定のポイント>

●現状の分析: アクセス数、問い合わせ数、売上など、現状のデータに基づいて設定
●競合との比較: 競合のホームページと比較し、具体的な目標数値を設定
(問い合わせ数◯件、売上を◯万円アップ、リスト獲得を◯件等)
●段階的な目標数値を設定: 最初から高すぎる目標設定は避け、段階的に目標を上げていく

4.目標を達成するための戦略を立てる

目標を明確にしたら、それを達成するための戦略を立てます。
例えば、ブランド認知度を高めるためには、魅力的なビジュアルコンテンツを多用する、SNSでのシェアを促進するなどの方法が考えられます。

<具体的な施策例>

●SEO対策: 検索エンジンからのアクセス数を増やす
●SNS活用: ホームページへの誘導
●コンテンツマーケティング: ユーザーにとって価値のあるコンテンツ

5.成果の測定方法を決定する

最後に、設定した目標が達成されているかを測定する方法を決定します。
ウェブサイトのトラフィック分析、顧客からのフィードバック、販売データの分析など、目標に応じた測定方法を選びます。

市場環境や競合状況の変化に合わせて、定期的に目標を見直し、必要に応じて修正も行います。

<実践のポイント>

スモールステップで進める 大きな目標を小さなステップに分け、一つずつクリアしていくことで、進捗を感じやすくなります。
フィードバックを活用する ホームページを公開した後も、ユーザーからのフィードバックを積極的に集め、改善に活かしましょう。
柔軟に対応する 市場やターゲットオーディエンスのニーズが変われば、目標も適宜見直し、戦略を調整する柔軟性が重要です。

   

ステップ3)市場調査を行う

市場調査を行う

会社のホームページを作成する上で、そのコンセプトを明確にすることは、成功への第一歩です。この過程の一環として、市場調査を行うことが非常に重要です。
市場調査を通じて、自社の強みを理解し、競合との差別化ポイントを見つけ、最新のトレンドを取り入れることができます。

自社の強みを整理

まずは、自社の強みを深く理解することから始めます。
これには、自社の製品やサービスがなぜ競合他社と比べて優れているのか、独自の価値提案は何かを明確にする作業が含まれます。
この過程で、従業員や既存の顧客からのフィードバックを積極的に集めると良いでしょう。

競合の調査

次に、直接的および間接的な競合企業を特定し、それらの企業が市場でどのような位置づけにあるのかを分析します。
競合他社の製品やサービス、価格設定、ターゲット顧客を理解することで、自社が市場においてどのような立ち位置にあるべきかが見えてきます。

競合のホームページ分析

競合のホームページを詳細に分析し、彼らがどのように自社の魅力を伝えているか、どのようなコンテンツや機能を提供しているかを調べます。
これにより、自社のホームページで取り入れるべきアイデアや、避けるべき点を見つけることができます。

トレンド分析

最後に、ウェブデザインやオンラインマーケティングの最新トレンドを分析します。
ソーシャルメディアの活用方法、SEO(検索エンジン最適化)の最新のベストプラクティス、モバイルファーストデザインの重要性など、現在のトレンドを理解することで、訪問者にとって魅力的で、検索エンジンにも強いホームページを作成することができます。

<実践ステップ>

情報収集 自社と競合の情報収集を行う
SWOT分析シートの作成 収集した情報をもとに、自社の強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)を分析します。
競合企業リスト・競合企業HP分析シート作成 競合と比較して自社の独自性を明確にし、ホームページで差別化ポイント・強調すべきポイントを決定します。
トレンド分析シート作成 最新のウェブデザインやマーケティングのトレンドを取り入れ、革新的でユーザーフレンドリーなサイトを目指します。
試行錯誤 実際にコンテンツやデザインの案を作成し、内部でのレビューを重ねて改善を繰り返します。

市場調査は時間と労力を要する作業ですが、成功するホームページ作成のためには欠かせないステップです。
このプロセスを通じて得られる洞察は、ホームページだけでなく、広範なビジネス戦略にも役立つはずです。

ステップ4)ターゲット像(ペルソナ)を設定する

ターゲット像(ペルソナ)を設定する

会社のホームページ作成において、コンセプトを明確にする最初のステップは、ターゲット像、つまりペルソナを設定することです。
ペルソナとは、理想的な顧客や訪問者の架空のプロフィールを指し、彼らのニーズや関心、行動パターンを反映したものです。

ペルソナ設定項目

基本情報 年齢、性別、職業、役職、居住地、家族構成、年収など
価値観 仕事に対する考え方、人生に対する考え方、価値観、ライフスタイル
ニーズ 抱えている課題、解決したい問題、求めている情報
情報収集方法 よく利用するウェブサイト、SNS、情報源
ペルソナのストーリー 一日のスケジュール、典型的な悩み、目標など

ペルソナを設定することで、ホームページのデザインやコンテンツ、機能を、特定のターゲットに合わせて最適化することが可能になります。
これは、ホームページをより効果的なマーケティングツールへと変えるための基盤となります。
また、ペルソナを通じて顧客のニーズや問題点を深く理解することで、より魅力的で価値あるコンテンツを提供できるようになります。

<ペルソナ設定のステップ>

1)データ収集 既存の顧客データ、ソーシャルメディアの分析、市場調査などから情報を収集します。
顧客がどのような問題を抱えており、どのような解決策を求めているのかを理解することが目的です。
2)共通点の抽出 収集したデータから、年齢、性別、職業、興味・関心、購買行動などの共通点を抽出します。
3)ペルソナの作成 抽出した共通点をもとに、具体的なペルソナを作成します。
このペルソナは、理想的な顧客を具体的に表したもので、名前や年齢、職業、興味・関心、ライフスタイルなど、詳細なプロフィールが含まれます。
4)ニーズと課題の特定 ペルソナが抱える可能性のある問題やニーズを特定します。
これは、ホームページ上で提供する情報やサービスを決定する際の基準となります。
5)ソリューションの提供 ペルソナのニーズや課題に対して、自社の製品やサービスがどのように解決策となり得るかを考えます。
これにより、より効果的なコンテンツやCTA(行動喚起)を設計できます。

<実践への応用>

ペルソナを設定したら、それをホームページ全体のデザイン、コンテンツ作成、マーケティング戦略に活かしていきます。
例えば、ペルソナが若い世代であれば、ビジュアル豊かで動画コンテンツを多用したデザインが効果的かもしれません。
また、ペルソナが専門的な知識を求める業界のプロフェッショナルであれば、詳細なガイドやホワイトペーパーを提供することで、信頼と関心を得られるでしょう。

ペルソナ設定過程を通じて、ターゲット顧客の深い理解を得ることができ、それがホームページを通じた効果的なコミュニケーションの基盤となります。

ステップ5)ホームページのコンセプト決定

ホームページのコンセプトを明確にすることで、訪問者に対して一貫したメッセージを伝えることができ、より深いエンゲージメントを生み出すことが可能になります。

訪問者に対するあなたのメッセージ、ブランドの個性、そして何よりもあなたが提供しようとしている価値を反映するものでなければなりません。
この段階では、ホームページを通じて達成したい目標を明確にし、それを実現するための具体的な方法を計画します。

集めた情報を基に、ホームページのコンセプトを具体化します。
サイトのトーン&マナー(声や文章の調子や態度)、ビジュアルスタイル、主要なメッセージなどが含まれます。
コンセプトが具体的であればあるほど、デザインやコンテンツ制作のプロセスがスムーズに進みます。

コンセプト設定のポイント

ターゲット像 誰に情報を届けたいのか
目的 何のためにホームページを作るのか
メッセージ どのようなメッセージを発信したいのか
差別化 競合との差別化ポイント
デザイン・雰囲気 どのようなイメージのホームページにしたいのか
キーワード選定 ターゲットが検索するキーワード

    

ステップ6)ホームページ構築の予算・スケジュールを決める

コンセプトを明確にした後の重要なステップは、ホームページ構築の予算とスケジュールを決めることです。
これらはプロジェクトの成功に直結する要素であり、計画的に進めることが求められます。

ホームページ制作の費用

ホームページ制作費用は、制作方法や規模、デザインや使用機能によって大きく異なります。
また制作方法において、全てを自作するのではなく、部分的に外注に出す方法もあります。

制作方法によって、費用と制作期間は大きく異なってきます。
自作すると、数千円~数万円程と費用は抑えられますが、専門知識が必要で時間と労力がかかります。

一方、制作会社に依頼すると約数十万円~数百万円と費用は掛かりますが、時間と労力を削減できるだけでなく、プロのノウハウを活用できるメリットがあります。

部分的に制作会社に依頼する方法もあります。

自社で作業が難しい部分をお願いすれば、全面に依頼する時よりも多少のコストは抑えられます。

<ホームぺージ制作:予算設定のポイント>

目標と必要機能の明確化 ホームページで達成したい目標と、それを実現するために必要な機能(例:Eコマース機能、予約システム)をリストアップします。
これらが予算設定の基盤となります。
見積もりの取得 複数のウェブ制作会社やフリーランスのウェブデザイナーから見積もりを取得し、比較検討します。
費用だけでなく、提供されるサービスの内容やサポート体制も重要な判断基準です。
余裕を持った予算設定 予期せぬ出費に備えて、予算には10〜20%の余裕を持たせることが推奨されます。
また、ホームページの運用開始後にも定期的なメンテナンスや更新が必要になるため、その費用も考慮に入れましょう。

<ホームぺージ制作:期間設定のポイント>

プロジェクトの規模と複雑さ ホームページの規模や求める機能の複雑さによって、制作に必要な期間は大きく変わります。
基本的なコーポレートサイトであれば数週間から数ヶ月、複雑な機能を持つサイトでは数ヶ月以上かかる場合もあります。
レビューと修正の時間 デザイン案のレビューや内容の修正には、予想以上に時間がかかることがあります。
スケジュールには、これらのプロセスに充分な時間を確保しておきましょう。
ローンチ前のテスト 公開前には、ユーザビリティテストやデバイス・ブラウザの互換性テストを行い、問題がないことを確認する必要があります。
テスト期間もスケジュールに含めて計画します。

ホームページ制作の予算とスケジュールを事前にしっかりと計画することで、プロジェクトをスムーズに進め、期待通りの結果を得ることができます。始める前に十分な準備と計画を行うことが、成功への鍵となります。

複数の提供者から見積もりを取り、内容を比較検討します。
コストだけでなく、提案内容や過去の実績、アフターサポートについても評価しましょう。

実際の制作工程を細分化し、各フェーズごとに期限を設けます。
プロジェクト全体のタイムラインを作成し、関係者と共有します。

プロジェクト進行中には予期せぬ問題が発生することもあります。
予算やスケジュールにはある程度の柔軟性を持たせ、適宜調整できるようにしておきましょう。

ステップ7)ホームページ構築方法・方針を決める

<制作者の選定と作業リソースの確保>

◆コンテンツ作成

コンテンツはホームページの魂です。
有益で魅力的なコンテンツを提供することが、訪問者を引きつける鍵となります。
このためには、業界知識を持ち、ターゲットオーディエンスに共鳴するコンテンツを生み出せるライターを確保する必要があります。

◆デザイナー

ユーザーの第一印象を左右するデザインは非常に重要です。
ブランドのイメージに合ったデザインを作り出せるデザイナーを選びましょう。

◆コーダー

デザインをウェブ上で実現するためには、HTML、CSS、JavaScriptなどの技術を駆使できるコーダーが必要です。
特にレスポンシブデザインの知識があるコーダーは、今日の多様なデバイスに対応するために不可欠です。

◆SEO担当

検索エンジンでの可視性を高めるためには、SEO(検索エンジン最適化)担当者が重要です。
キーワード選定から内部リンクの構築、ページ速度の最適化まで、多岐にわたる作業を担当します。

◆ウェブ解析

ホームページのパフォーマンスを分析し、継続的な改善を行うためには、ウェブ解析担当者が必要です。
Google Analyticsなどのツールを使用して、訪問者の行動を追跡し、改善点を見つけます。

サーバーとドメインについて

ホームページを公開するためには、サーバーとドメインの選定が必要です。
ドメインはブランドを象徴するものであり、覚えやすく、タイプしやすい名称を選びましょう。サーバーは、サイトの読み込み速度やセキュリティに大きく影響するため、信頼できるホスティングサービスを選ぶことが重要です。

ホームページ作成ツールの導入

ホームぺージ作成

コーディングの知識がなくてもホームページを作成できるツールが多数存在します。
WordPressやWixなどのCMS(コンテンツ管理システム)は、豊富なテンプレートとプラグインを提供しており、初心者でも比較的容易にホームページを構築できます。

補助金の活用について

ホームページ作成にかかるコストを抑えるためには、国や地方自治体が提供する補助金プログラムの活用も検討しましょう。
これらのプログラムは、特に中小企業やスタートアップにとって有益な資金援助を提供している場合があります。ホームページ構築のプロセスを進めるにあたり、これらの要素を綿密に計画し、適切なリソースを確保することが成功への鍵です。
事前にしっかりと準備をすることで、スムーズにプロジェクトを進め、効果的なホームページを構築することが可能になります。

売上・集客アップ相談で悩み解決。

売上・集客アップ相談
で悩み解決。

まずは自分で学びたい

悩まずは自分で学びたい。

web集客アカデミー

web集客アカデミー

自分でホームページをつくって、成果を出したい方のための講座です。

ウェブ集客の成功ストーリー集

成功ストーリー集ダウンロード

成功実績に基づく、問題・仮説改善ステップを知ることで、あなたのホームページ問題を解決する糸口にする書籍です。

集客・売上アップのGeoレター 読者登録フォーム

この記事を書いたひと

GeoDesign編集部

web設計を重視し、独自の戦略とwebマーケティングで集客と売上アップを実現します。
クライアントの成功事例の一部は、「web集客・売上upの成功実績」からご確認ください。

このひとが書いた記事

  • 売上を作りたいときにつくる!
    コントロールできる!
    リストマーケティングとは?
  • 集客の成功の鍵を握る「ターゲティング」とは
  • ウェブ集客を成功させるための
    ホームページ作成の依頼方法
  • Googleが望む
    SEO上位表示の極意とは!?