はじめてのgoogle広告!
いくら使ったらいいの?
広告初心者のための予算の考え方

GeoDesign編集部

解決するお悩み

「Google広告やYahoo!広告で使う最初の予算はどれくらいがいい?」

こんな悩みを抱えている方に役に立つ情報です。

    

このブログで伝えること

1.Google広告やYahoo!広告を予算から考えると危険な理由
2.正しい広告予算の考え方

    

動画メッセージ

    

Google広告やYahoo!広告は予算から考えると危険な理由

そもそも広告は、目標を達成するための手段として活用するものです。
しかし予算から考えてしまうと、達成したい目的が曖昧なまま広告を利用することになるため、本質からズレてしまうでしょう。

そこで重要になってくるのが、広告を考えるときに目標を達成するための検証をすることです。

広告の検証をする場合は、以下の2つが必要です。

●ある程度の人数が集客できること
● 集客人数が目的を達成できるかの判断

例えば、広告経由で自分のWebサイトへ1,000人が誘導されてきたとしましょう。
誘導されてきた1,000人のユーザーは、何も行動をせずに離脱するユーザーや、応募をしてくるユーザー、問い合わせをしてくるユーザーなど様々おります。

もし問い合わせをしてくるユーザーが30人いたとしましょう。
1,000人の集客に対して30人の問い合わせが来たことが分かります。

この比率をCVR(コンバージョンレート)と呼びます。

この場合では、CVRが3%となっているのがわかるでしょう。

CVRはSEOの集客においても同じであるため、SEO経由の集客数とアクションする人数からCVRを明らかにできます。

集客する人数については、100人だと少なすぎるため1,000人以上がおすすめです。

効果的な広告を実施するためには、SEOによる集客と広告で期待したい集客を比較し、達成したい目的を明確にする必要があるのです。

    

正しい広告予算の考え方

広告を考えるときには、SEOで集客しているときのCVRをもとに、達成したい目的に応じて集客数を決定します。
広告による集客数が明らかになった場合、いよいよ広告の予算を考えていきます。

広告の予算については、下記の動画で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

今回は1クリックを100円と仮定した場合、1,000人を誘導したいなら100円×1,000人=10万円となるため、10万円の予算で検証をするのが正しい予算の決め方です。

「とりあえず2〜3万円で検証をしたい」という決め方では、予算ありきの考え方になってしまうため母数がわからずに検証ができません。

したがって、いきなり予算から決めるのではなく、順を追って最終的に予算を確定させるのが正しい方法です。

    

目的から逆算して広告予算を考えよう

広告を考えるときに「とりあえず2〜3万円で検証をしよう」という、予算ありきの考え方では正しい検証結果を得られません。

正しい広告の検証結果を得るためには、誘導して何をしたいかを明確化した後で、目標達成までに必要な誘導数を定めます。

誘導数は100人だと少なすぎるため、1,000人以上を対象としましょう。
その後、誘導数を達成するために必要な予算がわかるため、この時点で始めて予算が決まっていくのです。

したがって、金額から予算を決めるのではなく、目的から逆算して予算を考えるのが重要だとわかると思います。

この記事を書いたひと

GeoDesign編集部

このひとが書いた記事

  • はじめてのgoogle広告!
    いくら使ったらいいの?
    広告初心者のための予算の考え方
  • 売上を作りたいときにつくる!
    コントロールできる!
    リストマーケティングとは?
  • ホームページに役割を持たせる重要性とは!?
  • SNSで集客したい!でもネタがない!
    そんな時の発想法とは?!