集客できないホームページの典型的な5つの特徴

GeoDesign編集部

集客を増やすために、自社のホームページを制作している企業は数多くあります。

ところが、ただ単にホームページを作るだけだと新規の顧客を獲得するのは難しいのです。ひらたく言うと、訪問者が立ちどまってくれないホームページに価値はありません。

では、集客が見込めないホームページはどこを改善すればよいのでしょうか。

このブログで伝えること

集客が少ないホームページには、大きく分けて5つの特徴があります。

(1)サービスの概要が自分目線
(2)競合との違いがわからない
(3)会社の情報が不透明
(4)閲覧者の悩みをイメージできていない
(5)誰にアクセスされるか理解していない

上記の内容に心当たりのある人や、今後ホームページを改善したい人はぜひお読みください。

<動画メッセージ>

  

集客が少ないホームページに該当する5つの特徴

集客が少ないホームページに該当する5つの特徴を解説します。

  

(1)サービスの概要が自分目線

検索エンジンを使う大半の人は、自身が抱えている悩みや欲求を解決したいと思っています。
お客さまの気持ちを考えたうえで自社のホームページを制作しないと、新規の顧客を獲得するのは困難です。

大切なのは、顧客の目線でホームページを作ること。

一方的に自社製品の特徴やサービス内容を伝えたとしても、消費者からの共感は得られません。
お客さまの思いを汲むことなく自分本意で制作したホームページは、誰の目にも止まらないでしょう。
挙げ句の果てに商品の売上げはいつまでたっても横ばいです。

集客を増やすために、まずは消費者の目線に立って自分のサービスを伝えましょう。
お客さまからの共感が生まれると、自然と相談やオファーが来るようになります。

  

(2)自社と競合他社との違いがわからない

せっかくお金と時間を投資してホームページを制作しても、競合他社と差別化できていなければ意味がありません。
ライバルと同じようなサービスを展開していると、結局価格競争が巻きおこってしまいます。

お客さまに他社ではなく自分の会社が販売している商品や、サービスを手にとってもらいたいのならば下記の3点を意識しましょう。

●誰のために
●どんなサービス(商品)なのか
●競合他社と何が違うのか

筆者が思うに、情報はニッチに絞ったほうがいいです。

情報をニッチに絞ってしまうと、顧客数が減ってしまうのでは?と思う人がいるかもしれません。しかし現実はその反対で、伝えたい内容を簡潔にまとめるからこそ商品の価値が高まりやすくなります。

つまり商品価値が上がれば「あなたの会社に頼みたい」とオファーが届くようになるのです。

  

(3)会社の情報が不透明

ホームページに会社の概要を載せる人は多いでしょう。

実は会社の情報こそ分かりやすく、かつ丁寧に記載しなければなりません。
なぜなら、アクセス解析をすると「訪問者に見られているコンテンツ」の上位3番目に会社の情報が位置します。

多くのお客さまが会社の情報を読んで『この会社は信頼できるか否か』を判断している証拠です。

ホームページを訪れる人に、自社のサービスや商品を利用してもらうため、まずは会社についてくわしく知ってもらう必要があります
顧客は企業への信ぴょう性が高まると、サービスや商品を試してみたくなるからです。

会社の情報をチェックした際に内容が不透明だと感じた場合は、できるだけ早く改善してください。

  

(4)閲覧者の悩みをイメージできていない

集客が増えないホームページは、閲覧者の悩みをイメージできていない傾向にあります。

たとえば、

(閲覧者は)どんな悩みを持っているのか?
(閲覧者の)悩みを解決できるページはあるのか?
自社のホームページにはどの層が訪れるのか?
ホームページを見ている人は、いったい何を求めているのか?

上記について考慮すればどのようなホームページを作ればいいのか、おのずと分かってくるでしょう。

  

(5)誰にアクセスされるか理解していない

4つ目の特徴で記載したとおり、自社のホームページはどの層にアクセスされているのか理解していないと集客は難しいです。

適切な集客キーワードに到達していないと、アクセス数が増えないのはおろかお客さまからの問い合わせが来ることはありません。 
自社の商品やサービスを利用しようか検討している人たちが、どのようなキーワードで検索しているのかを細かく分析しましょう。

  

まとめ

今回紹介した内容は、経営者であれば誰もが理解しているはずです。

ところがホームページを使って、お客さまに自社製品の魅力をアピールするとうまくいかないケースがあります。
原因はいくつか考えられますが、多くの場合「かっこいいホームページを作ること」で頭がいっぱいになってしまうと失敗するのです。

お客さまの悩みに寄り添ったホームページを心がけると、今後集客が増えていくでしょう。
集客に伸び悩んでいる人は、当記事で解説した5つの特徴をいま1度見直してみましょう。

  • 集客+売上を上げるホームページができる「DEKITA・デキタ」
  • 二人三脚のWEBコンサルで成果があがる「AGARU・アガル」

この記事を書いたひと

GeoDesign編集部

このひとが書いた記事

  • サイトリニューアルSEO。
    注意したい8つのチェックポイント
  • ホームページに役割を持たせる重要性とは!?
  • Googleが望む
    SEO上位表示の極意とは!?
  • 優位性がない!?
    自社の優位性に気づくために行うべきこと3つ