狙うキーワードがカギ!
中小企業がWEB集客をする上で大切な極意

しょーじ

中小企業がWEB集客をする上で大切な極意

解決するお悩み

WEB集客を本格的に始動し集客アップを狙いたい
そのために心得ておくべきことは何か知りたい

こんな悩みを抱えている方に役立つ情報です。

このブログで伝えること

●中小企業がWEB集客をはかるには、まず狙うキーワードの本質を知ることが大切
●ポイントは”ターゲットを絞って戦略を立てる”そうすることでWEB集客を成功させられる
●ビッグキーワードよりスモールキーワードを狙うべし

動画メッセージ版

 

WEB集客をする上で狙うキーワードの本質を知ることが大切

中小企業のウェブ集客の極意 / 狙うキーワードによって成果に大きく違いがでることを押さえておく 【コワモテ社長の地域マーケティング】

中小企業がWEB(ホームページ)を用いて顧客を獲得するために心得ておくべきことがあります。
それは”狙うキーワードの本質を知ること”です。
マーケティングは、やみくもに検索されそうな言葉を羅列するだけではうまくいきません。

まずはビッグキーワードとスモールキーワードの違いを理解し、どちらにウエイトを置くべきなのか見極めましょう。

 

ビッグキーワードとスモールキーワードとの違い

中小企業のウェブ集客の極意 / 狙うキーワードによって成果に大きく違いがでることを押さえておく 【コワモテ社長の地域マーケティング】

ビッグキーワードとはGoogleやYahoo!などの検索エンジンで、たくさんのユーザーが検索している言葉のことです。
たとえば「京都」というキーワードは、1ヶ月に45万件も検索されています。

一方スモールキーワードは「京都 観光」など、複数の言葉を組み合わせた語句のことです。

ちなみに「京都 観光」で検索すると25万件、「京都 観光 おすすめ」でリサーチすると1万件ヒットします。

以上のことから分かるように、ビッグキーワードよりスモールキーワードは検索流入が減りがちです。

 

ビッグキーワードを狙えば集客につながるのか?

中小企業のウェブ集客の極意 / 狙うキーワードによって成果に大きく違いがでることを押さえておく 【コワモテ社長の地域マーケティング】

「月の検索数が多いビッグキーワードを狙えば、必ずホームページ集客が成功する」このような考えを持っている経営者は少なくありません。
しかし必ずしもそうとは限らないのです。

なぜならビッグキーワードの検索上位はすでに大手企業が占拠しています。
そのため”ビックワードを使ってたくさんの人に見てもらおう”とコンテンツづくりに力をつくしたところで、上位に食い込むのは土台無理な話です。

たしかにテレビやチラシなどの場合は、その方法が正しいのかもしれません。
特にマスメディアは大体的にアプローチできるため、不特定多数の目にとまるチャンスがあります。

一方ネットワークメディアで集客を目指すには、検索上位にコンテンツが表示されなくては意味がありません。
言うまでもなく誰の目にもとまらないようでは、集客につながらないからです。

それにビッグワードで検索している人の大半は、目的が定まっていない状態でなんとなくリサーチしています。(上記の例でいえば”京都”のいち単語で検索している人)

ですから無目的にインターネットを使用している層をターゲットにするより、反響が見込める層に対してどう動くのか戦略を練ることが大切です。

 

ビッグキーワードよりスモールキーワードを狙うべし

中小企業のウェブ集客の極意 / 狙うキーワードによって成果に大きく違いがでることを押さえておく 【コワモテ社長の地域マーケティング】

ビッグキーワードにくらべ、スモールキーワードは検索数が下がります。
そのため”狙ってもほとんど効果が出ないのではないか”とお考えになる人もいるかもしれません。
しかし、スモールキーワードにはあらゆるメリットがあります

 

ライバルが少ない=競争率が格段に下がる

スモールキーワードの検索数からライバルが少ないと見てとれます。
つまり競争率が低いため、自社のコンテンツを検索上位に表示させやすいです。

上位表示させることができれば、見込み客が自社のコンテンツを目にする機会が増えます。
そうすると結果として集客が成功しやすいのです。

 

ターゲットにアプローチしやすくなる

複数のキーワードで検索をかけている人のほとんどが、具体的な方法を探していたり目的をもっていたりします。
その層にいずれ自社の顧客となるユーザーが隠れているかもしれません。

そこでまずはスモールキーワードで上位表示を目指しましょう
そして複数キーワードで検索している見込み客にアプローチすることが重要です。

 

届けたい情報を届けたい場所に載せられる

たとえば中小企業が届けたい情報を発信するとします。
その際、自社の情報が届けたい場所に掲載されないといくら頑張っても見込み客にリーチできません。

先述の通りスモールキーワードで検索している人は、何らかのアクションを起こしたいと考えていることが多いです。
その層にマッチした戦略で情報を”正しく届ける”ことが重要なカギとなります。

 

まとめ

中小企業のウェブ集客の極意 / 狙うキーワードによって成果に大きく違いがでることを押さえておく 【コワモテ社長の地域マーケティング】

インターネットを用いたホームページ集客を成功させる極意は以下のとおりです。

◆”たくさんの人が検索しているから”という基準で決めない
◆中小企業のターゲットは、スモールキーワードで検索しているユーザーである
◆スモールキーワードのメリットは「検索数が少ない」「ビッグキーワードにくらべライバルが少ない」「上位表示されやすい」など。

以上がWEB集客を成功へと導くためのコツです。
検索数が少ない単語をいくつも用意して、コンテンツを制作し上位を狙っていく。それをコツコツとくり返していると、新規顧客を獲得しやすくなります。

この記事を書いたひと

ジオデザイン webマーケター しょーじ

しょーじ

地元に密着し地域を活かしたビジネスの売上アップ、集客アップなどの成果アップが得意です。
地域マーケティング・コンサルタントとして、あなたの目標を明確にして、問題を解決するスペシャリストとして、事業のサポートをしてまいります。

このひとが書いた記事

  • 経営者必見!
    ネット集客に成功する会社
    失敗する会社の違いは?
  • 経営者が悩む!
    ネットで集客ができない
    最大の理由とは?
  • ライバルに負けない
    サロン集客できるホームページ作成法
  • 初心者でも分かるブランド戦略の立て方