浜松市のホームページ企画制作、ウェブコンサルのGeoDesign
静岡県浜松市のホームページ制作・企画メニュー

記事の詳細

自社のメディアを運用していると、コンテンツ(原稿)の善し悪しにより、SEOに大きく影響してくることに気付きます。

とくにロングテールを狙って行けば、いくほど、コンテンツの基礎を抑えておくことが、検索順位や誘導数に影響することが分かってきました。

 

5. 1ページのコンテンツ量を
1000文字以上に。

コンテンツを用意する時には、文字数を気にしています。
基本的には、コンテンツを用意する時点で、少なくとも2,000 文字弱にはなってきますが、あまり少なければ、読み応えがありませんし、ちゃんとお伝えすることもできません。

お伝えすることができない・・・

この中には、伝えたいと思ったことが、正しく閲覧者に伝わらない、、、ということも含みます。

お話をしているとき、誰でも「ある程度相手は理解してくれている」前提で、コミュニケーションをとります。
それを文章でもやってしまうと、自分だけがわかって相手には伝わらない原稿になってしまうことがあります。

読み手のことを考えた伝え方をすることで、文字数は上がっていくと思います。
目的が文字数ということではなく、伝わるコンテンツを用意することがSEOに良い影響を与えると言えます。

文字量をしっかりとコンテンツとして用意する

 

4. 直帰率を改善する

直帰率とは、検索から訪れ、もしくはどこかのページのリンクをたどってアクセスしたページのみを閲覧し、他のページへ移動してしまう比率を指します。

この原因は、ページボリュームがなかったり、タイトルと原稿の内容が一致してなかったりと、閲覧者の満足度が低い場合に起こりやすいです。

そして、次の項目でも説明している、回遊する為の施策がしていなかった場合。
これは次の項目で触れるとして、最近のまとめサイトやニュースサイトの傾向から、面白いタイトルをつけてもコンテンツが負けてしまって、閲覧者が求めていた内容がない場合に、即離脱につながるという悲劇が起こります。

これは滞在時間の低下にもつながってしまうので、ぜひ改善したいところです。

読みやすい文章構造と、引き込んでいく文章力が必要になってきます。
文章力は難しいと思うかもしれませんが、トレーニングで、どんどん改善することができます。

 

3. ページ回遊率の改善

閲覧したページから、さらに他のページを見てもらうことができれば、直帰率の改善にもつながります。
滞在時間も延びていくので1石2鳥です。

でも、ここで注意したいのが、安易にメニューを羅列して、どこでもリンクしてるよ!っていうページです。

ページには訪れた理由があるわけですから、そこを推測して、次のページへのユーザビリティを改善しましょう。
ファンとしてアクセスされている場合には、さらに興味を満たす為にコンテンツを探してくれる場合もありますが、ほとんどの場合、気になったところをクリックする程度です。

しっかりと、戦略をもって誘導をしてみましょう。

ページ:

1

2
ホームページの売上をあげたい!集客をあげたいなら浜松GeoDesignのホームページ企画・制作サービスをどうぞ!お問い合わせはこちらから

株式会社GeoDesign

ホームページ企画・制作 & 集客・ウェブコンサルティングなら株式会社GeoDesign(ジオデザイン)
〒430-0929
静岡県浜松市中区中央2-4-22 サザンビル1F
Tel:053-528-7561
Fax:053-528-7563
Copyright © 2011 浜松ホームページ企画・制作・ウェブコンサルのGeoDesign

売上・集客アップのアイデアを
メールでお知らせします。

週2~3回のペースで、
デジタルマーケティングの基礎をお届けします。
お問合せ