記事の詳細

ウェアラブルデバイスが自分で作れるようになりそうな技術が
Microsoft ResearchとMIT Media Labの博士課程の学生が開発しているそうです。

ウェアラブルデバイスとは、身に着けたまま使えるようなもので、AppleWatchなどの時計型や眼鏡型と色々ありますが、
今回紹介するものは、「DuoSkin」とよばれ、金箔を直接肌に貼り付ける形状となっています。

金箔1枚でも色々できます

ボタン、スライダーといった入力ができるので、
その時々に応じて作りかえれば、その時の自分に適したインターフェースが用意できそうです。

インクのような出力もできるのが面白いです。
色を変化させたり、LEDの点灯もできるので、ファッションの要素として使えそうです。
LEDの点灯で着信を知らせたりもできそうです。

体温や心拍をはかったり、情報をスマートフォンに表示させることもできるようなので、
健康診断や入場チケットなどのサービスとも連携していけそうです。

チップを使ったり、完全に金箔1枚ではないようですが、
それに近い形状で、これだけの機能が使えるのはすごいですね。

意外と安く作れそう

電子カッターが230ドル、金箔シートは1袋10ドルということで、
他にも必要だったり、量がほしかったりするかもしれませんが、
意外と安く作ることができるようになりそうです。

見栄えをどこまでかえられるのか、つけた感触は良いのか、つけたり外したり使い勝手が良いのか等々
気になるところがありますが、実際にいつ使えるようになるか、楽しみです。

最後に参考ページのご紹介です。
金箔タトゥーに触れてスマホを操作、MIT研究者が試作
http://www.cnn.co.jp/tech/35087522.html
タトゥーでモバイル操作も可能に?–Microsoft Researchらが開発した新技術「DuoSkin」
http://japan.cnet.com/news/service/35087520/
スマートフォンを操作できるタトゥーシール「DuoSkin」を発表
http://news.livedoor.com/article/detail/11894646/

ホームページの売上をあげたい!集客をあげたいなら浜松GeoDesignのホームページ企画・制作サービスをどうぞ!お問い合わせはこちらから

株式会社GeoDesign

ホームページ企画・制作 & 集客・ウェブコンサルティングなら株式会社GeoDesign(ジオデザイン)
〒430-0929
静岡県浜松市中区中央2-4-22 サザンビル1F
Tel:053-528-7561
Fax:053-528-7563
Copyright © 2011 浜松ホームページ企画・制作・ウェブコンサルのGeoDesign
お問合せ